テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
東芝・データ活用で新会社か] (5件/週)

11/14 06:45 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
東芝が発表した2019年4-9月期決算・営業利益は520億円(前年比7.5倍)となった。
去年東芝Nextプランを発表した。
採算の取れない事業を縮小させて収益性の高いインフラ部門に力を注ぐことで業績を回復。
東芝プラントシステムなど上場子会社に対しておよそ2000億円でTOBを実施、完全子会社化すると発表。
今期は営業利益目標の1400億円を達成できる見通し。
2021年度には2400億円まで拡大する計画。
半導体メモリー事業を売却してしまった今、東芝が模索する新たな収益源とは。
POSレジから発生する購買履歴データを扱う新たな子会社の立ち上げを検討している。
POSレジはいつ、何が、何個、いくらで売れたかが正確にわかる。
しかし、誰が買ったかなど個人の特定はできない。
東芝のアプリ「スマートレシート」から得られる個人データとPOSレジのデータを組み合わせることでより詳細な個人の購買履歴データとなる。
東芝は購買履歴データについて企業が対価を支払うと利用できるようにする。
NTTドコモ、ヤフー、JR東日本、エポスカードなどが利用を検討している。
提供・東芝。
東芝・車谷暢昭会長の会見映像。
東芝本社の映像。

11/13 23:18 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
東芝が設立を検討しているデータの新会社について。
早稲田大学ビジネススクール教授・入山章栄は「かなり期待したい。
これまで少し苦しかった日本メーカーの勝ち筋になる可能性がある。
スマートフォンのインターネットの世界では日本は負けているところがあるが、これからはIoTの時代。
世の中のありとあらゆるものがネットと繋がり、物からデータを取りAIに吸い上げていく時代になる。
そのため物が良くないといけない。
製造業が強くないといけない。
製造業が強い国は日本とドイツ。
色々な日本メーカーがここにうまく参入していくと物がデータを吸い上げる物の起点になる。
その意味ではPOSレジは非常に物が良く且つ顧客購買行動データが全て入るため非常に筋が良いのは間違いない。
色々な仲間を巻き込んでプラットフォームを作る事で客も便利になる。
仲間を広げて客を獲得し、データを提供していくという事を考えているのだろう」とスタジオコメント。
スマホ決済に言及。

11/13 23:18 BSジャパン 【ワールドビジネスサテライト】
東芝が設立を検討しているデータの新会社について。
早稲田大学ビジネススクール教授・入山章栄は「かなり期待したい。
これまで少し苦しかった日本メーカーの勝ち筋になる可能性がある。
スマートフォンのインターネットの世界では日本は負けているところがあるが、これからはIoTの時代。
世の中のありとあらゆるものがネットと繋がり、物からデータを取りAIに吸い上げていく時代になる。
そのため物が良くないといけない。
製造業が強くないといけない。
製造業が強い国は日本とドイツ。
色々な日本メーカーがここにうまく参入していくと物がデータを吸い上げる物の起点になる。
その意味ではPOSレジは非常に物が良く且つ顧客購買行動データが全て入るため非常に筋が良いのは間違いない。
色々な仲間を巻き込んでプラットフォームを作る事で客も便利になる。
仲間を広げて客を獲得し、データを提供していくという事を考えているのだろう」とスタジオコメント。
スマホ決済に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.