テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
IT勢力圏に変化・ヤフー・LINE経営統合へ] (48件/週)

11/14 10:57 BSフジ 【BSフジニュース】
「ヤフー」の持ち株会社「Zホールディングス」と、無料通信アプリの「LINE」が、経営統合に向けて最終調整に入ったことがわかった。
関係者によると、Zホールディングスの株式を4割保有するソフトバンクグループと、LINEの親会社で韓国IT大手のネイバーは50%ずつ出資して、新会社を設立する方向で検討している。
月内の基本合意を目指して交渉しているという。
統合により、ヤフーとLINEは、経営体力を強化して顧客基盤を広げ、スマートフォン決済などのサービスを拡充する狙いがあるものとみられる。

11/14 09:23 テレビ東京 【Mナビ】
検索サービス・ヤフーを展開するZHDとLINEが経営統合に向けて最終調整に入った。
Zホールディングス、LINEの株式情報。
日経新聞が報じた。
LINEアプリの利用者は約8000万人いて、Yahooのサービスは約5000万人が利用している。
この二つが合体することによって1億人規模の国内最大プラットフォームが出来る。
売上規模でもそれぞれの売り上げを足したら楽天を超えて、ネット系の企業では最大となる組み合わせ。

11/14 08:45 フジテレビ 【とくダネ!】
ITジャーナリスト・三上洋(フェイクニュースなどのインターネットの問題点、最先端のIT事情に広く精通)のスタジオ解説。
ソフトバンクグループの傘下でヤフーを運営するZホールディングスと無料通信アプリLINEが経営統合に向けた最終調整に入ったことが明らかになった。
経営統合案:ソフトバンクと韓国企業ネイバーが50%ずつ出資して共同会社を設立。
Yahoo!:ニュース、ショッピング、オークション。
LINE:通話機能、SNS+メッセージ機能、コンテンツ(マンガ、ゲーム等)。
それぞれの強みを合体し、ネット国内首位へ。
Yahoo!のメリット:LINEの広告ビジネス、LINEのビッグデータ(利用者約8000万人)、LINE Payの吸収。
LINEのメリット:LINE Pay拡大、還元キャンペーンで約300億円の投資、ユーザー数伸び悩み。
PayPayと合併でユーザー数獲得へ。
ソフトバンクグループ・孫正義会長兼社長は9月の中間決算で15年ぶりの営業赤字。
LINE無料通話は無料のままではないか。
PayPayとLINE Payは巨大なPayPayで還元キャンペーンが縮小するのではないか。
Yahoo!ショッピングやオークションのスマホ決済はLINEで簡単取引ができるようになるのではないか。
国内のネット通販など電子商取引サイトの市場占有率:1位・アマゾン、2位・楽天市場、3位・Yahoo!ショッピング。
キャッシュレス決済、消費者、アマゾン、株、赤字、ドコモ、au、中国、予算に言及。
国際政治学者・三浦瑠麗(東京大学農学部卒。
法学博士)、弁護士・山田秀雄(第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長を歴任)のスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.