テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
中間決算きょうピーク・今年度見通し3分の2が赤字か減益予想] (12件/週)

10/30 21:20 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
今回の中間決算。
SMBC日興証券がきのうまでに発表を終えた236社(東証1部上場企業)の決算を分析したところ、最終的な損益が増益となった企業が36%、減益となった企業は63%。
今年度1年間の業績の見通しを見ると、見通しを公表した企業のうち12%が最終赤字を見込み、54%が減益になるとしている。
約3分の2の企業が、赤字または減益になると予想。
ことしに入って早期退職や希望退職を募る企業が急増。
民間の調査(東京商工リサーチ)では、きのうまでにすでに去年1年間の2倍の72社、対象者は約1万4000人。
SMBC日興証券・安田光株式ストラテジストは「陸運、空運というコロナの悪影響を直撃しているところは引き続き厳しい状況。
ウィズコロナ時代にあった製品を持つ企業は引き続き堅調な業績が見込める。
コスト削減、効率化、新業態の模索、製品開発が今後ポイントになっていく」と述べた。

10/30 21:17 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
大企業の業績も一段と沈んでいる。
きょうの決算発表で、今年度は赤字または減益になるという見通しが相次いだ。
企業の中間決算発表はきょうピークを迎えた。
東証1部に上場する企業の先月までの半年間の決算発表。
きょう1日で249社が業績を開示。
厳しい中間決算。
特に影響が大きいのが航空業界。
日本航空は利用客が国際線で97%、国内線で76%減った。
中間決算は最終的な損益が1612億円の赤字。
来年3月までの1年間の業績予想は、最終的な損益が2400億円以上の赤字となる見通しを示した。
1年間の決算が赤字に陥るのは、経営破綻後の2012年に株式を再上場して以来初めて。
日本航空・菊山英樹専務は「ビジネス需要がコロナ前に戻るのを期待するのが難しい」と述べた。
日本航空は、従業員を外部の企業に出向させるなどして、人件費を削減するほか、大型機を中心に航空機を減らすなどして今年度は約1000億円のコストの削減を目指すとしている。

10/30 19:13 NHK総合・東京 【ニュース7】
SMBC日興証券が、きのうまでに中間決算発表を終えた236社の決算を分析したところ、最終的な損益が増益となった企業が36%、減益となった企業は63%だった。
さらに、今年度1年間の業績の見通しを見ると、見通しを公表した企業のうち12%が最終赤字を見込み、54%が減益になるとしている。
約3分の2の企業が、赤字または減益になると予想している。
一方、ことしに入って早期退職や希望退職を募る企業が急増している。
民間の調査では、きのうまでに、すでに去年1年間の2倍の72社。
対象者は約1万4000人となっている。
東京商工リサーチより。
SMBC日興証券・株式ストラテジスト・安田光は「陸運、空運というコロナの悪影響を直撃しているところは引き続き厳しい状況。
ウィズコロナ時代にあった製品を持つ企業は引き続き堅調な業績が見込める」とコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.