テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま経済は】
長期金利・4か月半ぶり低水準] (25件/週)

12/07 05:52 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
米国長期金利低下でリスクオフの雰囲気。
米中首脳会談で一時休戦かと楽観的になった中、ファーウェイ幹部の逮捕。
JPモルガンチェース銀行・佐々木融がスタジオで解説。
米国の態度が強硬で、米国側が優勢になっている感じ。
関税問題も最後のところで90日間の猶予と産業の方では右往左往せざる負えない。
この問題でも右往左往させられ、経済にとってネガティブ。
日本企業は長期的戦略を変えないといけないと思いきや変えなくてよかったとなるかもしれず、右往左往させられるかもしれない。
中国は関税で歩み寄りを見せいているが、製造業2025は譲らない方向にかなりシフトしている。

12/07 05:49 テレビ東京 【Newsモーニング・サテライト】
米国・ニューヨーク証券取引所から東海東京証券アメリカ・手塚理恵が解説。
ダウ、ナスダック。
長期金利が3カ月ぶりの低水準になり、金融の収益悪化が懸念され、原油価格低下でエネルギー関連が売られ、ファーウェイ問題が衝撃。
CFOがカナダで逮捕されたことは、米国が知的財産権保護に譲らない姿勢を示したとの連想を招き、再び今後の米中貿易摩擦激化が懸念されている。
昨日発表のベージュブックで関税の悪影響が指摘されたこともあり、アップル、ボーイングなど中国比率の大きな企業の下げが大きくなっている。
ナスダックはFANG銘柄が底堅く推移し下落幅は限定的。
「9月半ば以降に上昇傾向」:米国新規失業保険申請者数。
来年以降は、労働市場のピークアウトのタイミングに注意が必要。
(中継)米国・ニューヨーク、ニューヨーク証券取引所。
雇用統計`05について言及。

12/07 00:55 TBSテレビ 【ビジネス・クリック】
(中継)REUTERS NY。
ダウ平均549ドル安、ナスダック113ポイント安。
中国の通信機器大手「ファーウェイ」が、米国の要請によってカナダで逮捕された事件を受け、市場では改めて米中の対立が深まるとの見方だ強まっている。
キャタピラーや半導体株が大きく下落。
また、米国の長期金利の低下が続いていて、米国景気の先行き不安につながっている。
リスク回避に言及。
1ドル112円26銭(円を買う動きが活発)。
日経平均先物2万1170円。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.