テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
テクノロジー見本市「CES」・スタートアップ・各国の勢い] (9件/週)

01/14 21:21 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
米国・ラスベガスで開かれた世界最大規模のテクノロジー見本市「CES」。
取材した記者によると、ことしは国を挙げてスタートアップ企業を売り込もうという動きが活発。
フランスは「フレンチテック」とのネーミングで、フランス企業をブランド化しようとしてる。
イスラエルは、軍事技術を応用しているのがセールストーク。
日本はこれまでのメイドインジャパンの延長だとちょっと色あせて見えるかもしれない。
バックアップする体制も整えてほしい。

01/14 21:18 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
米国・ラスベガスで開かれた世界最大規模のテクノロジー見本市「CES」。
日本からは、大手を含めて70社が参加。
各国が攻勢を強める中、埋没しかねない危機感を感じていた。
東京・大田区に本社を置くスタートアップ企業・Xenomaは、5回目の参加。
センサーを使って動きを記録するモーションキャプチャー技術を使ったタイツを売り出してきた。
各国の商品がひしめく中、どう投資家に目を向けてもらうか難しさを感じてきた。
Xenoma・網盛一郎CEO「すごい技術だがどこに使うかわからないと足を止めてもらえない」と述べた。
投資家から手応えを得られない日本企業。
存在感が薄いと指摘する声も。
何が必要なのか、投資家は「売り込む能力、マーケティング能力にかけ、改善が必要」と指摘。
Xenomaが今回、打ち出したのがセンサーを装着したパジャマ。
寝ている間に心拍数、呼吸の数など健康状態を計測。
問題はこの商品をどうプレゼンテーションするか。
網盛CEOは、離れて暮らす高齢の家族の見守りは、世界的にも需要が増えるとみてアピール。
網盛CEOは、他社のブースを回り情報収集。
勝ち抜くためのヒントをなんとかつかもうとしている。

01/14 21:14 NHK総合・東京 【ニュースウォッチ9】
米国・ラスベガスで開かれた世界最大規模のテクノロジー見本市「CES」。
自動車など様々な業種が参加して最先端の技術をアピールした。
見本市の最大の特徴は、世界中のスタートアップ企業の出展。
開発技術をビジネスにつなげるために投資家からお金を呼び込むのがねらい。
フランス、韓国、イスラエルなど各国の企業が数多く出展。
出展したスタートアップ企業は1200社。
特に多かったのは、IT技術を医療や健康に活用しようというヘルステックの分野。
韓国の企業が開発したスマートベルトは、身につけるだけで動きを検知し転倒を防ぐ。
カナダの企業が開発した頭に付けた端末は、脳の信号を計測。
それに応じたテンポで音楽を流し、眠りにつきやすくなる。
大企業にない発想で、革新的な技術を生み出すスタートアップ企業。
経済成長に欠かせないとして、各国は国を挙げて育成に力を入れている。
中でも存在感を見せていたのが中国企業。
ウエアラブル端末のメーカーが開発した時計は、血圧や心拍数以外にも睡眠の質といった健康状態を管理できる。
特に強く打ち出したのがコストを大幅に抑えた点。
世界中から関心を集めている。
スーツケース、液晶、ピアノについて言及。
中国メーカーの担当者のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.