テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま経済は】
「コンビニ惣菜」を勝ち取る!“最強商社”エースの「秘策」] (4件/週)

05/03 18:47 BSジャパン 【ガイアの夜明け】
伊藤忠商事水産部・鈴木雄策は、ファミリーマート(東京・港区)を訪ね、白身魚フライを提案。
TPPで関税は撤廃されるとアピール。
第一関門を突破した。
2003年入社組の同期会に、鈴木雄策、田中亜希子、宮本剛が揃った。
今年も新入社員が入社した。
ナレーション・杉本哲太。

05/03 18:40 BSジャパン 【ガイアの夜明け】
伊藤忠商事水産部・鈴木雄策は、ファミリーマートでファミチキに並ぶ人気商品・白身魚のフライに挑んだ。
鈴木雄策は、自身が開拓したベトナム・ホーチミンの水産加工場を訪ね、白身魚のフライを試作した。
ベトナムはTPP・環太平洋パートナーシップを発動し、食料品などへの関税がゼロになった。
それを見越し、冷凍スケトウダラを持ち込んだ。
完成した白身魚のフライをチェックした。
鈴木雄策は、白身魚のフライの提案に臨んだ。
ナレーション・杉本哲太。

05/03 18:08 BSジャパン 【ガイアの夜明け】
東京・豊洲市場でマグロの競りが始まる前の早朝、伊藤忠商事食料カンパニー水産部課長代行・鈴木雄策は月に3回訪れている。
目的は、大量に仕入れたアジのチェック。
韓国から買い付けたアジは、日本や海外の業者に卸され、伊藤忠は仲介料で稼いでいる。
鈴木雄策は、伊藤忠商事本社ビル(東京・青山)で勤務、ほぼ全ての水産品を扱い、大手スーパーなど数十社と取引している。
鈴木雄策は、2003年入社。
最初はエビについて学んだ。
今は後輩を指導する立場。
伊藤忠は、グループの従業員数10万人の巨大商社。
伊藤忠商事・岡藤正広CEOは繊維部門出身。
重要案件を決める最高経営会議(HMC)で、本社ビル立て替えが議題になった。
8年で立て替えると決定したが、岡藤CEOは「7年後はどうなっているか分からない」と釘を刺した。
これまで総合商社は、石油開発や油田など資源ビジネスで巨額の利益を得てきた。
しかし国際情勢に左右され、損失もあった。
そこで伊藤忠は、資源で稼ぐビジネスモデルを転換。
コンビニ(ファミリーマート)・ファッションブランド(EDWIN)・Dole・YANASEなど非資源分野の企業に投資、グループ数300社、総売り上げ5兆5000億円まで達した。
中核は、ファミリーマート。
鈴木雄策はファミリーマートで大量の食料品を購入。
ファミマが追撃するセブンイレブンでも食品を購入した。
水産課メンバーを招集した。
ファミマとの大きな商談が迫り、来bつの新商品からも提案のヒントを探った。
鈴木雄策はベトナム駐在の経験から白身魚加工工場を知っていた。
ファミマへは、レジ横コーナーに「白身魚フライ」を提案しようと考えた。
鈴木雄策は、ベトナム・ホーチミンの水産課工場を訪ねた。
ナレーション・杉本哲太。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.