テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
平昌五輪の関連施設に相次ぐサイバーテロ・狙いは!?] (2件/週)

01/12 23:04 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
平和の祭典は過去に何度もテロの脅威にさらされていた。
2年前のリオ五輪では大会期間中に2300万回のサイバー攻撃を受け、大会組織委員会の持つファイルが漏洩し市長や大臣などの個人情報が流出する事態となった。
またロンドン五輪期間中に受けたサイバー攻撃は2億2100万回に上った。
こうしたサイバー攻撃では偽チケットの販売や大会システムの破壊などが想定されているが全ての攻撃を防ぐのは不可能とのこと。
東京五輪が2年後に迫り、政府はサイバー攻撃への対応に乗り出している。
去年4月、警視庁にサイバー攻撃対策センターを新設して6月に訓練を行い、対サイバー攻撃の体制を整えている。
米国マカフィープリンシパルエンジニア・クリスティアンビークは「政府が対策している事は良いこと。
五輪に関わる民間企業も同様に準備が必要」と話した。
自動運転、IoTに言及。
ポールマッカートニーの映像。

01/12 23:01 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
米国の大手情報セキュリティ会社・マカフィーが平昌五輪へのサイバー攻撃を確認した。
メールの添付ファイルを開くとマルウェアが作動し、ウイルスが呼び寄せられたりPCそのものが乗っ取られる可能性もあるとのこと。
攻撃が開始されたのは去年12月22日。
メールは韓国・対テロセンターからの送付を偽装していたが、送り元のIPアドレスはシンガポール。
メールと対テロセンターには関連がなく、送り主は特定できていないとのこと。
メールは韓国・アイスホッケー関連団体をはじめインフラや通信などの企業にも送られた。
こうしたプログラムはマカフィーが把握しているだけでも世界で1秒間に7件、3ヵ月で5000万件以上で、今回は明確な目的が感じられるとのこと。
米国マカフィープリンシパルエンジニア・クリスティアンビークは「五輪の情報を得ること。
真の目的は情報を抜き取った後。
財務情報や五輪で使われる技術などの情報は売買にも使える」と話した。
平昌五輪の組織委員会のコメント。
マカフィー(東京・渋谷区)、問題となった画面の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.