テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま海外は】
陸上自衛隊・イラク日報・防衛省が公表・戦闘拡大場面あった・厳しい治安情勢記載] (43件/週)

イラク 日報に「戦闘拡大」 防衛省、1万5千ページを公表(再生)

1万5000ページの日報公開 焦点は特措法との整合性(18/04/16)(再生)

04/16 22:16 テレビ朝日 【報道ステーション】
2004~2006年にかけて作られた陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報が公開された。
ジャーナリスト・後藤謙次が「シビリアンコントロールの基本が無視され続けてきた。
イラクへの自衛隊派遣は戦後の日本国憲法下で初めて実力部隊である陸上自衛隊が戦闘が行われている国に非戦闘地域という前提をつけて派遣された歴史的な資料。
それが隠されたまま放置されてきた。
これがあの段階で発表されていれば安全保障法制の議論にも大きな影響を与えた可能性がある。
政治がどう責任を取るか、その意思を明確にしないとこの問題は繰り返される」とスタジオコメント。
海上自衛隊、森友学園、加計学園問題について言及あり。
イラク・サマワの映像。

04/16 22:14 テレビ朝日 【報道ステーション】
2004~2006年にかけて作られた陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報が公開された。
「戦闘」という言葉もあったイラクでの活動。
これまでその詳細が明らかになったことはない。
3年前、集団的自衛権の行使を一部容認した安全保障法制が議論された際も国会に出された活動記録は当初黒塗りだった。
2015年7月、民主党(当時)・岡田克也代表は「正直に示してもらいたい。
どういう現実があったのか」、安倍晋三総理大臣は「攻撃を受けていない安全な場所で活動を行うことについてはイラク派遣の場合と変更はない」と述べた。
去年2月、稲田朋美防衛大臣(当時)は「イラク日報はない」と答弁。
1か月後、陸上自衛隊は存在を把握。
元イラク復興支援群副群長・村中清二のコメント。
小野寺五典防衛大臣について言及あり。
イラク・サマワの映像。

04/16 22:08 テレビ朝日 【報道ステーション】
2004~2006年にかけて作られた陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報が公開された。
イラク戦争では日本は戦後初めて戦闘が続く国への自衛隊派遣に踏み切った。
「非戦闘地域での活動」と説明してきた政府。
公開された日報には生々しい記録が綴られている。
2005年7月5日、前日ロケット弾が宿営地に向けて発射されたことを受け、「陸自宿営地に対する間接射撃あり。
被害なし」、7月5日の情勢評価には「サマワ宿営地付近にロケット弾着弾。
連続発生の可能性は否定できず」と記されている。
小野寺五典防衛大臣は「現場の隊員は緊張感を持って対応してくれたと思う。
活動についてはイラク特措法に基づく活動を行っていた」、小泉純一郎元総理大臣は「戦闘している報告は一切なかった」と述べた。
元イラク復興支援群副群長・村中清二のコメント。
多国籍軍、サドル派、英国軍、復興支援、アルカイダ系テロリスト、タリル空港、憲法について言及あり。
茨城・水戸市の映像。
映像、写真提供:陸上自衛隊。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.