テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま海外は】
トランプ大統領] (325件/週)

07/14 23:36 TBSテレビ 【NEWS23】
米国トランプ大統領に替え玉受験疑惑。
トランプ大統領のめい・メアリーが14日、トランプ一族の内情を描いた暴露本を出版。
トランプ大統領が大学受験の際、自分の成績では希望する大学に入れない恐れがあったため、成績の良い別人に金を払って代わりに適性試験を受けさせたと記している。
トランプ大統領、めい・メアリーの映像。

07/14 23:14 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
世界では感染者数が1300万人を突破。
わずか4日で100万人増えるという過去最悪のペース。
WHO・テドロス事務局長は各国の指導力の欠如を批判した。
スイス・ジュネーブ、米国・トランプ大統領の映像。
13日、ニューヨーク市では24時間内の死者が0人に。
ただ感染拡大が止まらない地域では再び経済活動を制限する動き。
新規感染者が連日8000人を超えているカリフォルニア州は13日、州全域でレストランなどの屋内営業を禁止。
感染拡大が加速する中でもマスク着用や経済活動自粛に反対する人も多くいる。
感染者と会えて同席する「コロナパーティー」に参加したテキサス州の男性が死亡。
ニューヨーク州・クオモ知事、ニューサム知事のコメント。
フロリダ州の映像。
ジョンズホプキンス大学。

07/14 22:28 BS1 【国際報道2020】
ボルトン前大統領補佐官は先週、NHKとのインタビューで、元側近ならではの視点でトランプ大統領の再選に向けた戦略について語ったが、インタビューをしたワシントン支局の石部俊記者に聞く。
ボルトン前大統領補佐官やトランプ大統領のめいなど、相次ぐ暴露本の出版があっても、トランプ大統領の共和党内での支持率は8~9割と圧倒的で、いまのところ“岩盤”と言われている支持層が離れるには至っていない。
ただ、ボルトン前大統領補佐官のような保守強硬派以外に、伝統的な共和党の支持者からも「中国の人権問題を軽視している」とか「同盟国をないがしろにしている」という批判が強まっている。
ボルトン前大統領補佐官もインタビューで、まさにそうした点を強く批判していて、大統領選挙に向けてトランプ大統領の姿勢が今後の論戦で問われていくことになる。
(中継)米国・ワシントン。

07/14 22:27 BS1 【国際報道2020】
ボルトン前大統領補佐官は先週、NHKとのインタビューで、元側近ならではの視点でトランプ大統領の再選に向けた戦略について語ったが、インタビューをしたワシントン支局の石部俊記者に聞く。
ボルトン前大統領補佐官が出版した回顧録の内容を米国の人たちはどのように受け止めているかだが、ある世論調査(調査:先月23日~26日、出典:Morning Consult)では「信用できる」と答えた人は45%、「信用できない」と答えた人は29%だった。
共和党の支持者で言うと、「信用できる」と答えた人は20%にとどまっている。
また、メディアからは「ボルトン前大統領補佐官自身が安全保障に責任があったのに、自分の事は棚に上げている」という批判も出ている。
それでも選挙の取材に行くと、共和党の支持者でありながらバイデン前副大統領を支持する人に出くわすことがある。
米国ではきょうも、トランプ大統領のめいが暴露本を出版して、「大統領が大学に入るため、替え玉受験をした」と主張した。
今後も別の暴露本の計画があって、共和党の支持者に影響する可能性は否定できない。
(中継)米国・ワシントン。
トランプ大統領のめいが出版した暴露本の映像。

07/14 22:26 BS1 【国際報道2020】
ボルトン前大統領補佐官は先週、NHKとのインタビューで、元側近ならではの視点でトランプ大統領の再選に向けた戦略について語ったが、インタビューをしたワシントン支局の石部俊記者に聞く。
回顧録の出版で、一躍“時の人”のようになっているボルトン前大統領補佐官の印象だが、インタビューでは笑みを交えながら予定していた時間を過ぎても熱心に答える姿が印象的だった。
ボルトン前大統領補佐官は米国の大手メディアのインタビューに連日応じていて、「トランプ大統領を再選させるべきではない」と幅広く訴える狙いがある。
ボルトン前大統領補佐官は共和党の大統領4人の下で外交などに関わって、中国や北朝鮮には“力で対抗するべきだ”という保守強硬派だ。
トランプ大統領が自らのアピールや経済的な損得勘定に熱心なのは、我慢がならないのだと思う。
(中継)米国・ワシントン。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.