テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
トランプ大統領] (407件/週)

いつまでアメリカの属国でいるのか 西部邁×伊藤貫 『世界大分裂を語る!!!』 TOKYOMX西部邁ゼミナール+隔月刊誌「表現者」1月号 特別連動企画(再生)

11/25 02:07 テレビ朝日 【朝まで生テレビ】
東京大学大学院・井上達夫教授は「核拡散態勢は正当性がない、核保有国が核軍縮に努力していることを示していない」、ラッパー・ダースレイダーは「米国は自国の国民がどうなるかが一番の懸念事項」、国際政治学者・三浦瑠麗は「北朝鮮有事を必要以上に強調して選挙が行われたのではないか」、日本共産党・辰巳孝太郎議員は「安倍首相は事実上、武力行使を容認している」、拓殖大学・森本敏総長は「中国は米中首脳会談で対話と言っていない」、拓殖大学大学院・武貞秀士特任教授は「安倍首相は国会が始まって以降、対話を付け加えるようになった」、拓殖大学・森本敏総長は「習近平国家主席の特使の訪朝が上手くいくと思っていた可能性がある」とコメント。
インド、パキスタン、韓国、日米首脳会談、トランプ大統領、日本、マクマスター、マティス、ソウル、外務省、防衛省、少子化、消費税、プーチンに言及。
ジャーナリスト・田原総一朗、立憲民主党・福山哲郎議員、自民党・中谷元議員のスタジオコメント。

11/25 01:57 テレビ朝日 【朝まで生テレビ】
ジャーナリスト・田原総一朗は「トランプ大統領は過去20年の北朝鮮戦略は失敗だったと言っている」、国際政治学者・三浦瑠麗は「トランプは事実上封じ込め戦略に移行している」、ジャーナリスト・布施祐仁は「北朝鮮は安全保障のために核兵器を開発している」、自民党・中谷元議員は「テロリストや第三国にミサイルや核が拡散するのは容認できない」、拓殖大学・森本敏総長は「米国にとって北朝鮮の核はロシアや中国と違う」、拓殖大学大学院・武貞秀士特任教授は「北朝鮮は現状変更の核兵器」、日本共産党・辰巳孝太郎議員は「核を持っている米国が北朝鮮が持ってはいけないというのは説得力がない」とコメント。
オバマ前大統領、クリントン政権、日本政府、インド、パキスタン、テロ支援国家、ブッシュ政権、イラン、イラク、フセイン、CIA、イスラエル、韓国、ワシントン、ニューヨーク、ピョンヤン、プーチンに言及。

11/25 01:45 テレビ朝日 【朝まで生テレビ】
米国・トランプ大統領は日本訪問で安倍首相とゴルフ。
早稲田大学・中林美恵子教授は「ゴルフ外交は米国でも大きく報じられた」、自民党・中谷元議員は「大きな成果はあったと思う」、拓殖大学・森本敏総長は「国賓にしなかったのは非常に良かった」、拓殖大学大学院・武貞秀士特任教授は「トランプはビジネスに来た」、東京大学大学院・井上達夫教授は「トランプと安倍首相の信頼関係は信頼できない」、国際政治学者・三浦瑠麗は「米国の武力行使を我々が食い止めることはできない」、早稲田大学・中林美恵子教授は「ワシントンから来たホワイトハウス筋の話では、マクマスターとマティス国防長官の間にギャップがあるようだ」とコメント。
富士山ダイアログに米国の共和党幹部や民主系幹部が参加。
ジャーナリスト・田原総一朗、ラッパー・ダースレイダーのスタジオコメント。
韓国、中国、小野寺、ピコ太郎、オバマ前大統領、北朝鮮、アフガン戦争に言及。

11/25 01:36 テレビ朝日 【朝まで生テレビ】
米国・トランプ大統領が日本、韓国、中国、ベトナムと歴訪。
自民党・中谷元議員は「日米関係において安倍首相とゴルフをするなど、米国の権益などを勝ち取った」、拓殖大学・森本敏総長は「米国国内向けの政策としてアジアに回ってきた」、東京大学大学院・井上達夫教授は「米国向けのパフォーマンス」、早稲田大学・中林美恵子教授「米国では、トランプは習近平国家主席に手玉に取られたと言われている」、ジャーナリスト・福島香織は「商売に来ていると思う」、ラッパー・ダースレイダーは「米国側からすれば接待が上手くいった」、自民党・松川るい議員は「トランプ政権はアジアに対する関与は大事だという意識はある」とコメント。
北朝鮮の核ミサイル、安全保障、インド太平洋戦略、ワシントン、ASEAN、フィリピン、ベトナム、FTA、ツイート、共和党、中東、サウジ、イラン、アフガン、APEC首脳会議に言及。
ジャーナリスト・田原総一朗のスタジオコメント。

11/25 01:32 テレビ朝日 【朝まで生テレビ】
「最大限の圧力をかける」との安倍首相の言葉により、北朝鮮は政策を変えるか。
ジャーナリスト・田原総一朗は「武力行使を受けるかもしれない」とコメント。
日本が緊張する朝鮮半島情勢の中で何をすべきかも重要なテーマ。
米国と北朝鮮の軍事衝突の懸念はあるのか。
朝鮮有事になった場合、日本、自衛隊はどう対応するのか。
危機回避のために何をすべきか。
北朝鮮、中国、ロシア、米国、韓国は何を考えどう動こうとしているのか。
徹底的に朝鮮半島情勢を分析し、答えを見つけてもらいたい。
米国・トランプ大統領、ICBM、北京、習近平主席、ツイッターに言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.