テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま海外は】
波紋・ヘンリー王子夫妻・波乱の新生活?カナダ首相・高額警備費に言及] (16件/週)

01/22 18:12 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
ヘンリー王子とメーガン妃、2人の王室からの離脱は英国だけの問題ではない。
年間10億円を超えるとも言われる警備費を誰が払うのか、英国メディアの一部は一家の警備費について、「カナダ・トルドー首相がエリザベス女王に対し、水面下で負担を約束した」と報じていたが、トルドー首相は「エリザベス女王とは話をしていない」と発言。
新聞・イブニングスタンダードが報じたのはエリザベス女王の本心(HPから)。
「サセックス公爵」という爵位名を持つヘンリー王子。
「公爵」はヨーロッパの貴族に与えられる称号の一つだが、女王はヘンリー王子夫妻から「公爵」「公爵夫人」の称号剥奪を検討したもののそうはしなかった、と報じた。
ジャーナリスト・多賀幹子が「女王としては優しいおばあちゃんと厳しい君主の間で葛藤があったと思うが、これなら妥協できるというところで手を打ったということも言える」と電話コメント。
王室離脱にあたり2人は「殿下」「妃殿下」の称号を返上、「サセックス公爵」は継続。
「サセックスロイヤル」という名をビジネスに使おうとしているという報道もある。

01/22 18:04 TBSテレビ 【Nスタ】
英国王室からの事実上の離脱が決まったヘンリー王子夫妻だが、滞在先のカナダではパパラッチによる過熱報道が問題になっている。
カナダ・バンクーバー島、メガン妃とアーチーちゃんが一足先に滞在を始め、ヘンリー王子は20日夜に英国から到着したばかり。
英国王室離脱の背景について、メディア報道にさらされ続けることへの抵抗感を示唆しているが、パパラッチの追跡はカナダでも続いている。
パパラッチを名乗るある男性は既に11日間、バンクーバー島に滞在していて一家の姿を追っている。
英国のタブロイド紙などは21日付でメガン妃が長男、アーチーちゃんを抱き、バンクーバー島の公園を散歩する写真を大きく掲載。
しかし、ヘンリー王子夫妻はこれを同意のない隠し撮りだと批判し法的措置も辞さないと弁護士を通じて警告したとのこと。
しかし、パパラッチたちはこうした理屈を持っていない。
ヘンリー王子一家は今後、1年の多くをカナダで過ごすことになると英国メディアが伝える中、年間10億円規模ともされる警備費用も問題となっている。
カナダでの一家の新生活は平穏な始まりというわけにはいかないよう。
カナダ・トルドー首相のコメント。

01/22 16:56 日本テレビ 【news every.】
英国王室から事実上の離脱となったヘンリー王子が、メーガン妃らが暮らすカナダ・バンクーバー島に到着した。
家族で過ごすのは英国王室からの事実上の離脱が決まってから初めて。
地元住民からは歓迎の声や、穏やかな暮らしを願う声がきかれた。
滞在しているとみられるのは、15億円ともいわれる別荘。
夫妻が借りたころから周囲にフェンスが設置された。
ヘンリー王子の到着後警備が一段と厳しくなり船で近づくことが不可能に。
こうした警備をめぐっては、誰が費用を負担するのかという課題も残り、新生活の波紋が広がっている。
英国の大衆紙「サン」にバンクーバー島でメーガン妃を撮影した写真が掲載された。
ヘンリー夫妻は「同意を得ずに撮影された」と弁護士を通じてコメントし法的措置も辞さないと警告。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.