テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【注目パーソン】
金正恩]まとめ (303件/週)

「非核化はすでにスタート」米中朝3カ国の思惑は?(18/06/22)(再生)

ロシア駐日大使「9月に日朝首脳会談の可能性も・・・」(18/06/22)(再生)

シンガポールを観光する金正恩朝鮮労働党委員長(再生)

06/24 22:53 BS1 【BSニュース】
秋の自民党総裁選挙を巡り、新潟・新発田で講演した麻生副総理兼財務相は「政権の安定が日本の国際的な地位を高め、経済成長にもつながっている」として、安倍首相の3選を支持する考えを改めて強調した。
麻生副総理兼財務相は米朝首脳会談に関連して「(米国・トランプ大統領と北朝鮮・キムジョンウン委員長)2人の間に入って、米国・トランプ大統領にいえる人はいない。
唯一安倍晋三1人だけが言えるただひとりの人だ」と述べた。
「自民党の支持率が若い世代で高くなっている」と指摘したうえで、麻生副総理兼財務相は「10代、20代、30代はいちばん新聞を読まない世代。
新聞読まない人たちは全部自民党。
新聞を取るのに協力しないほうが良い」と述べた。

06/24 12:27 BS1 【月刊SHVニュース「6月号」】
米朝首脳会談について。
会談2日前、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がシンガポールに到着した。
移動する姿を4Kカメラが捉えた。
会談前日の夜には金正恩朝鮮労働党委員長が突如、大勢の観光客の前に姿を表した。
向かった先はマリーナベイサイズの展望デッキ。
夜の街を散策し、シンガポール外相の自撮りにも応じた。
会談当日、先にトランプ大統領が出発した。
その10分後、金委員長が出発した。
始めは硬い表情だったが、次第に笑みが見える。
2人は1対1の会談でも笑顔で握手した。
握手は何度も繰り返した。
両首脳は共同声明に署名した。
会談の成果については疑問視する声も上がっている。
共同声明では“北朝鮮が求めてきた「体制の保証」について米国が約束する”という文言が盛り込まれたが、北朝鮮の核を巡っては“北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組むことを約束”とされたものの、非核化への具体的行動、検証方法、期限は盛り込まれなかった。
米朝首脳会談について。
今回の米朝首脳会談では日本の拉致問題も取り上げられた。
シンガポールの映像。
スマートフォンに言及。

06/24 11:41 日本テレビ 【NNNストレイトニュース】
米国・トランプ大統領は米国・ネバダ州で、支持者に対して演説し、近く返還される見通しの朝鮮戦争で死亡した米国兵の遺骨について「みずからが米朝首脳会談で求めたものだ」と成果をアピールした。
NBCテレビによると、遺骨はひつぎに入れられ、韓国ソウルにある米軍基地に運ばれる見通し。
北朝鮮・金正恩委員長の映像。

06/24 10:09 NHK総合・東京 【日曜討論】
北朝鮮問題で日本外交は。
自由党・幹事長代理・森ゆうこは「この間わかったことはトランプ大統領、北朝鮮・金正恩委員長は2人とも大変な戦略家であり、非常に難しい相手であると。
翻弄されているなと思う。
自民党という政党は非常に国内政治の中では様々な形で交渉をうまくやっていらっしゃるが、今回の安倍外交は柔軟性というか、色んな方面から手を回して柔軟にしたたかにやるべきだと思う」、日本維新の会・幹事長・馬場伸幸は「日朝関係、日朝の国交を深めるためには非核化と拉致問題の解決なくしてはない。
拉致問題について提案したいのは、北朝鮮の担当の人間をきちっと決めると。
外交官ではなしに専属的に長期間、窓口ができる人間を決めると。
その先には日本の専門家が北朝鮮に入って合同で拉致被害者の調査をするチームを作ることが肝要」とスタジオコメント。

06/24 10:08 NHK総合・東京 【日曜討論】
安倍首相は北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長との直接対話の可能性についても示唆している。
北朝鮮問題で日本外交は。
社民党・幹事長・吉川元は「米朝首脳会談、南北首脳会談の中で緊張緩和に進んでいることについては高く評価している。
一方で日本外交がその中で存在感を示せているかというと、そうはなっていない。
外務省が出している北朝鮮情勢を見ると、他の関連する6か国は首脳会談等々が行われているが、日本は立ち話と。
イージスアショアの問題については、緊迫しているから置くんだと言っていたが、それがないと官房長官も言っているので配備については徹底的に見直していくべき」、希望の党・幹事長・行田邦子は「米朝の共同声明が署名入りという文書で締結されたことは一定の重みがあると思っている。
北朝鮮はこれまでも非核化の約束を何度も破っているということを忘れてはならない。
日本には拉致問題がある。
拉致被害者の全員救済がないかぎり国交回復はしない。
経済支援はしないという立場を守って、決して焦ってはいけない」とスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.