テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【注目パーソン】
金正恩]まとめ (613件/週)

北朝鮮「歴史的な出来事」 首脳会談など報道(再生)

南北首脳、白頭山に =火口湖畔を散策=(再生)

文大統領明かす 金委員長「米朝会談の早期開催を」(18/09/21)(再生)

09/22 23:52 BS1 【BSニュース】
米国・ポンペイオ長官は21日、FOXニュースのインタビューで2回目の米朝首脳会談について、「開催の条件が整っているかや両首脳が実質的な進展を得られる状況になるか確かめるため、まだ少し準備すべきことがある」と慎重な姿勢を示した。
一方で協議を進展させるため、「そう遠くないうちにピョンヤンを訪問したいと考えている。
そうなれば近いうちに米朝首脳会談を開催できると期待している」と述べた。
北朝鮮は南北首脳会談の共同宣言でニョンビョンの核施設を閉鎖する用意があると表明し、条件として米国の相応の措置が必要だという立場を示したが、米国は北朝鮮がまず非核化を実行に移すべきだという立場を変えていない。
ポンペイオ長官は来週ニューヨークで北朝鮮のリヨンホ外相との会談を提案していて、北朝鮮が完全な非核化に応じるのか見極めるねらいがあるとみられる。
シンガポール、北朝鮮・金正恩党委員長、米国・トランプ大統領、韓国・文在寅大統領の映像。

09/22 22:50 BS1 【BSニュース】
米国・ポンペイオ長官は21日、FOXニュースのインタビューで2回目の米朝首脳会談について、「開催の条件が整っているかや両首脳が実質的な進展を得られる状況になるか確かめるため、まだ少し準備すべきことがある」と慎重な姿勢を示した。
一方で協議を進展させるため、「そう遠くないうちにピョンヤンを訪問したいと考えている。
そうなれば近いうちに米朝首脳会談を開催できると期待している」と述べた。
北朝鮮は南北首脳会談の共同宣言でニョンビョンの核施設を閉鎖する用意があると表明し、条件として米国の相応の措置が必要だという立場を示したが、米国は北朝鮮がまず非核化を実行に移すべきだという立場を変えていない。
ポンペイオ長官は来週ニューヨークで北朝鮮のリヨンホ外相との会談を提案していて、北朝鮮が完全な非核化に応じるのか見極めるねらいがあるとみられる。
シンガポール、北朝鮮・金正恩党委員長、米国・トランプ大統領、韓国・文在寅大統領の映像。

09/22 21:52 BSフジ 【プライムニュースSUPER】
韓国・文在寅大統領、北朝鮮・金正恩委員長、安倍首相、石破元幹事長の映像。

09/22 21:19 BSフジ 【プライムニュースSUPER】
今後の主な首脳会談日程。
24日・米国×韓国、26日?日本×米国、年内?米国×北朝鮮。
金正恩委員長は、韓国特使団に対して「トランプ大統領の1期目任期(2021年1月)内に米国との敵対の歴史を清算し、関係を改善しながら非核化を実現したい」と述べた。
慶應義塾大学名誉教授・小此木政夫は「文大統領は北と米国の中間点に立ちなんとか結びつけようと。
米朝の対話はそれなりに進んでいくと見ている。
それぞれの首脳がディールをしたい。
後退りすることが何を意味するのかといえば緊張した時期に戻る、それは両方やりたくないだろう」、南山大学教授・平岩俊司は「北朝鮮はトランプ大統領の政権の間に合意したい。
トランプ大統領にちゃぶ台返しをされても困る」とスタジオコメント。

09/22 21:12 BSフジ 【プライムニュースSUPER】
南北首脳会談の共同会見。
「9月平壌共同宣言」ポイント:金正恩委員長は早い時期にソウルを訪問。
北朝鮮は米国が相応の措置を取れば寧辺の核施設の廃棄など追加措置を取る用意がある。
北朝鮮は東倉里のミサイルエンジン実験場とミサイル発射台を専門家の立ち会いのもと永久廃棄。
軍事共同委員会を稼働させ武力衝突防止のため協議。
南北を結ぶ鉄道と道路の着工式を年内に実施。
条件が整いしだい、開城工業団地と金剛山観光事業を正常化。
外務副大臣・佐藤正久は「金正恩党委員長がカメラの前で公に核に言及したのは前進」、慶應義塾大学名誉教授・小此木政夫「かなり微妙な表現」、南山大学教授・平岩俊司は「韓国政府は米国が一定程度評価してくれると期待している。
中国からすれば在韓米軍はいてほしくないので1つきっかけが作れるということでは歓迎ということになるのでは。
北朝鮮のほうが在韓米軍撤退という話には慎重なのではないか。
完全に撤退されて中国の影響にさらされるというのはどうやってバランスをとるのか」とスタジオコメント。
終戦宣言、板門店宣言に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.