テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【注目パーソン】
村上龍]まとめ (4件/週)

カンブリア宮殿 【 常識を打ち破る味噌メーカーのサバイバル経営 】(再生)

02/14 22:49 テレビ東京 【カンブリア宮殿】
収録後、村上龍は「「食べる通信リーグ」の特徴は、「独自性」にある。
高橋は、参加者を厳選するが、アイデアを押しつけたりしない。
ホームページには、「編集長ストーリーズ」というコーナーがあり、生産者の物語を紡ぐ側の「物語」が紹介されている。
共通しているのは、「救う」ではなく「ともに生きる」というフェアな関係性だ。
今だ、各地で小さな旗がなびいていて、全国的な波は起こっていないが、逆にそれが正当ではないか。
今後は、地域性のある個別のネットワークが、何かを生み出す。
これまで無かった「未知の」何かかもしれない。
(個別の、物語とネットワーク)」と締めくくった。

02/14 22:41 テレビ東京 【カンブリア宮殿】
日本食べる通信リーグ代表・高橋博之は、高校3年生の時に「東京ラブストーリー」というドラマを見て、都会に憧れて新聞記者を目指した。
村上龍の質問「岩他県知事選に立候補した理由は?」高橋は「故郷の被災したところを自分の目で見たときに先頭に立ってやりたくなった」と話した。
村上は「生まれて初めて漁師と友達になり、その時に「震災前から行き詰まっていた」という話を聞いた。
儲からない実態や「津波でとどめを刺された」という話だった」と答えた。

02/14 22:30 テレビ東京 【カンブリア宮殿】
村上龍の質問「ポケットマルシェとAmazonの違いは?」日本食べる通信リーグ代表・高橋博之は「多くの食のオンラインサービスは、消費者から生産者の顔は見える。
どこの誰が作った野菜なのか、逆に生産者から消費者の顔が見えないところが多い。
ポケットマルシェは直結で、生産者と消費者がコミュニケーションする」と話した。
大規模流通システムに言及。

02/14 22:16 テレビ東京 【カンブリア宮殿】
全国の「食べる通信」、赤皿貝をスタジオで紹介。
日本食べる通信リーグ代表・高橋博之は「一次産業の決定的に違う所は、生き物を育てるプロセス自体が価値」と話した。
村上龍の質問「食べる通信は“スーパーのポップ”とは違う?」高橋は「スーパーやレストランで「何県の誰が作ったトマトを使ったパスタ」とかそれを食べてワインを飲んで家に帰って寝て起きて、次の日に覚えているか顔や名前をそう書いた方が売れるから書いているだけで“つなげた”ことにはならない」。
小池栄子の質問「取り上げる生産者を選ぶ基準は?」高橋は「人間性が大事。
その人の生き様と普段の生産活動を聞いたときにおのずと分かる」と話した。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.