テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【注目パーソン】
カルロス・ゴーン]まとめ (255件/週)

ゴーン被告 逮捕から2カ月 ルノートップ交代か 幹部明言(再生)

ルノー幹部が初めて明言 ゴーン被告トップから交代(19/01/19)(再生)

ゴーン前会長に不正な報酬10億円・・・三菱自が調査結果(19/01/18)(再生)

01/20 19:06 NHK総合・東京 【ニュース7】
日産自動車前会長・カルロスゴーンの一連の事件を受け、焦点となっている日産自動車とルノーの今後の提携関係をめぐって、ルノーの筆頭株主であるフランス政府が、日本政府側に、両社を経営統合させたい意向を伝えていたことが分かった。
先週、フランス政府は、日産自動車とルノーの今後の提携のあり方などを協議するため、代表団を日本に派遣し、日産自動車の幹部や日本政府の担当者らと会談した。
フランス政府の代表団は、こうした問題で意見を交わすために、22日からスイスで開かれるダボス会議に出席するフランス・ルメール経済相と世耕経済産業大臣で会談したいという意向も示した。
これに対して、日本政府は「あくまで企業同士の問題」として、会談に応じることも含めて慎重な姿勢。
フランス政府は、ルノーに、トップ交代などの刷新を求めている。
日産自動車は、今日、第三者の専門家を交えた委員会の初会合を開き、経営体制をどう改めるべきか検証を始めた。
委員会では、今年3月末までに提言を取りまとめるとしている。
その上で、日産自動車は、今年6月の株主総会での承認を念頭に、ゴーン前会長の後任人事などで新しい経営体制に移行する方針。

01/20 17:32 TBSテレビ 【Nスタ】
日産自動車前会長・カルロスゴーン被告の逮捕起訴に関連し、フランス政府の代表団が、ルノーと日産を経営統合したいという意向を日本政府に対し伝えていたことが明らかになった。
関係者によると、フランス政府出身でルノー・マルタンビアル取締役や政府関係者が先週日本を訪問。
日本政府とのやりとりの中で、日産とルノーが共同で持ち株会社をつくり傘下に両社を置く案を示したという。
ルノーの筆頭株主であるフランス政府は、自国の経済強化のためにこれまでもルノーと日産の経営統合を求めてきたが、今回改めてその意向を伝えた形。
ルノーではゴーン被告の後任選びの調整に入っていて、今後新体制のもと両社の連合の経営体制を巡る攻防が本格化する可能性もある。

01/20 11:56 TBSテレビ 【アッコにおまかせ!】
特別背任の罪で追起訴されたカルロスゴーン被告は火曜、保釈が認められず一昨日2度目の保釈請求をした。

01/20 10:40 フジテレビ 【ワイドナショー】
2020年東京オリンピックパラリンピックの招致をめぐる贈賄疑惑で、JOC(日本オリンピック委員会)・竹田恒和会長が、フランス司法当局の捜査対象となった。
竹田会長が理事長を務めていた東京五輪招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス社」に支払った約2億3000万円が、コンサルタント会社から友人を経て、当時、IOC(国際オリンピック委員会)で開催都市決定の投票権を持っていたセネガル人の委員(国際陸連会長)に賄賂として渡ったとみて、フランス司法当局が捜査を進めているといい、予備審問を開始した。
この疑惑について、竹田会長は、今月15日の会見で否定した。
この会見は、質疑応答なしで7分間で終了した。
この疑惑に関係しているとみられているIOC委員の親子はロシアスポーツ界のドーピング問題、リオ五輪招致をめぐるIOC委員の票取りまとめ、平昌五輪招致で不法なロビー活動をした疑惑も持たれている。
2002年・ソルトレークシティ五輪で、IOC委員の買収疑惑が発覚し、10人のIOC委員が追放や辞任に追い込まれた。
東野幸治、長嶋一茂、南海キャンディーズ・山里亮太、国際政治学者・三浦瑠麗、ダウンタウン・松本人志、弁護士・犬塚浩のスタジオコメント。
日産自動車前会長・カルロスゴーン、FIFA、サムスングループ、警察、ICPO(国際刑事警察機構)に言及。
アフロより、AFP/アフロよりの写真。
東京都内の映像。

01/19 06:12 フジテレビ 【めざましどようび】
カルロスゴーン被告が逮捕されてきょうで2か月。
日産、ルノーと三社連合を組んでいる三菱自動車は、きのう行われた臨時取締役会の後、内部調査結果を公表した。
三菱自動車本体では不正はなかったが、日産・三菱統括会社からゴーン被告が不正報酬を受けていたという。
ゴーン被告は取締役会に無断で約10億円を不正に受給。
日産・西川社長と三菱自動車・益子修CEOには知らされていなかった。
ゴーン被告の弁護人は東京地裁に2回目の保釈請求をした。
フランス・フィガロ紙は“ルノー・ラガイエット会長代行がゴーン被告の交代を明言した”と伝えた。
“ラガイエット会長代行がゴーン被告の後任決定を求めたルメール経済財務相に同意した”と伝えている。
三菱自動車・益子修CEOは「10億円もの金銭が不正に支払われていた事実が判明いたしました」と述べた。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.