テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【注目パーソン】
文在寅]まとめ (46件/週)

03/17 20:36 BS朝日 【田原総一朗の全力疾走スペシャル~さらば平成、新元号ニッポンを変える!~】
政治学者・姜尚中が語るポスト平成、日韓の未来。
韓国と北朝鮮が融和、接近をはかりはじめた今、朝鮮半島はどうなるのか。
米朝首脳会談の行方は。
姜尚中が「韓国にとって日韓関係より南北関係のほうがプライオリティが高い。
徴用工や慰安婦の問題は敵対的矛盾ではない。
知恵を絞れば解決できる。
日韓あわせると全世界のGDPの約7%。
軍事費は10兆円」などコメント。
経済、北朝鮮・金正恩委員長、レーダー照射問題、毛沢東、政府、インバウンド、トンネル、新幹線、英国、フランス、中国について言及あり。
南北首脳会談、韓国・文在寅大統領、米国・トランプ大統領の映像。

03/17 08:20 TBSテレビ 【サンデーモーニング】
13日に行われた菅官房長官の会見。
日本政府は11年連続で国連人権理事会に提出してきた北朝鮮非難決議案を今年は見送ることを明らかにした。
日本政府の独自制裁は2年間延長する方針だが、拉致問題の解決に向け北朝鮮へ一定の配慮を見せた形となる。
一方、その北朝鮮は去年の米朝首脳会談後に廃棄するとしていた東倉里のミサイル関連施設の復旧を進めている可能性が高まっている。
米国の北朝鮮分析サイト38ノースは、今月8日には北朝鮮が発射施設を再建した可能性があると指摘した。
物別れに終わった2月28日の米朝首脳会談。
11日、米国・ビーガン北朝鮮担当特別代表は「北朝鮮の段階的な非核化は認めない」との方針を改めて強調。
さらに14日に開かれた国連安保理でビーガン特別代表は、北朝鮮との水面下の交渉は行われていないことも明らかにした。
15日、北朝鮮・チェソンヒ外務次官が外交官や一部海外メディアを集めて会見を行い、米国の対応を激しく批判した。
AP通信によるとチェ外務次官は「トランプ大統領は話し合いに前向きだが、ポンペオ国務長官とボルトン大統領補佐官の一歩も譲ろうとしない要求によって絶対的で不信に満ちた空気を作りあげてしまった」と名指しで批判。
「米国が立場を変えない限り、北朝鮮は妥協したり、対話を継続する意思はない」と述べ、交渉中断の可能性を示唆した。
さらにチェ外務次官は金党委員長が近く新たな方針を示すと予告した。
福山大学客員教授・田中秀征、立命館大学客員教授・青山学院大学特別招聘教授・岡本行夫、評論家・大宅映子、ジャーナリスト・青木理のスタジオコメント。
韓国・文在寅大統領について。
北朝鮮・平壌、安倍首相、米国・ワシントンの映像。
米朝会談に言及。

03/16 21:42 BSフジ 【プライムニュースSUPER】
「プライムニュース」15日放送。
新たな時代の自衛隊とはどうあるべきか。
北朝鮮の非核化と米国について。
米国軍駐留経費の全額に加え50%積み上げる案について、日本はどう対応すべきか。
INF(中距離核戦力)全廃条約について。
現在の日韓関係、韓国・文在寅大統領の行方について。
去年暮れに起きたレーダー照射問題。
中国の国防費。
全人代でもGDPの伸び以上に軍事費の伸び率が上がっているとした。
韓国予備役将軍450名の声明(国家基本問題研究所)。
作家・石原慎太郎、元防衛相・中谷元のスタジオコメント。
核保有、ICBM、広島、長崎、原爆、ロシア、朴正煕元大統領、中国、はやぶさに言及。
提供:防衛省。

03/16 21:01 BSフジ 【プライムニュースSUPER】
「プライムニュース」12日放送。
日本の現状。
白村江の戦いについて。
2回目の米朝首脳会談が決裂に至った背景について。
韓国・文在寅大統領は内閣改造を行い統一相に金錬鉄を就任させる人事を公表した。
文大統領は韓国海軍士官学校卒業式の演説で「我が海軍も、一層強力な国防力が必要だ」と述べている。
米韓合同軍事演習の大規模な部分を終了するという判断をしたことについて。
国家基本問題研究所理事長・櫻井よしこのスタジオコメント。
朝鮮半島、中国、聖徳太子、ロシア、拉致問題、米国議会、共和党、GDP、国会、マティスに言及。
ベトナム・ハノイ、米国・トランプ大統領、北朝鮮・金正恩委員長、ソウル、トルコ・エルドアン大統領の映像。

03/15 22:53 BS日テレ 【深層NEWS】
きょうのニュースワードは「行動すべきは文在寅さん!」。
武藤の発言「徴用工問題にしろ国内を統率してもらわないと困る。
韓国国民はきちんとした情報をもらっていない。
しっかり事実関係に基づいて対応してくれたらいい」。
李の発言「文大統領の日本の力が必要という認識は持ったと思う。
日韓関係がよくなれば色々な面が見えてくる。
文大統領は日本に言うだけでなく、韓国政府内でも案を出す必要がある」。
演出家・プロデューサー・テリー伊藤、元駐韓大使・武藤正敏、恵泉女学園大学准教授・李泳采のスタジオコメント。
本「韓国若者たちの戦略的選択/李泳采」「韓国人に生まれなくてよかった/武藤正敏」

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.