テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
日本はトランプ流外交とどう向き合うべきか] (9件/週)

08/13 21:49 BSフジ 【プライムニュース】
視聴者からの質問。
「安倍総理が任期切れとなりトランプ大統領が現役の日米関係を想像すると日本に対する要求がどうなるか不安になる」にジャーナリスト・木村太郎は「トランプ大統領は誰が相手でも同じ。
要求は変わらない」、「北朝鮮は核を放棄することはないし、米国もそれをさせる意思がないとコメントされたが、日本も核武装を真剣に考えざるを得ない」にキヤノングローバル戦略研究所研究主幹・宮家邦彦は「北朝鮮の中距離核弾頭ミサイルが配備されれば核の抑止を考えないといけない。
ヨーロッパは核兵器の共有をやった。
これもひとつの方法」、「トランプが大統領に就任したときに、すぐに会いに行った安倍総理は最高の外交をしたのでは」に早稲田大学教授・中林美恵子は「その通り。
しかし友情ができたからといってそれに呪縛を感じて日本側が忖度することがあってはいけない」、「トランプ大統領の破天荒なやり方をまねる政治家は今後現れるか」にジャーナリスト・木村太郎は「現れる。
日本でもれいわ新選組がいる」、宮家邦彦は「破天荒をやるのは簡単だが、それで政治的に生き延びるかは別問題」、早稲田大学教授・中林美恵子は「トランプ流はなかなかなれないのではないか」とスタジオコメント。

08/13 21:42 BSフジ 【プライムニュース】
「日本はトランプ流外交とどう向き合うべきか」というテーマで提言。
ジャーナリスト・木村太郎は「”面従腹?”何を考えているかわからない外交をやった方が良い」、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・宮家邦彦は「”是々非々で使うべし!”」、早稲田大学教授・中林美恵子は「”友情あてにせず”安倍総理とトランプ大統領の友情という意味だけでなく、外交は冷徹でなければならない」とスタジオコメント。

08/13 21:32 BSフジ 【プライムニュース】
米中の貿易戦争について。
日本はどういう打つ手があるのか。
早稲田大学教授・中林美恵子は「習近平との首脳会談でそれなりの会談をしたかったが、その後農産物を買うなど約束が果たされていない。
中国はファーウェイの輸出規制を解除しなかったからだと言っていて、応酬でトランプ大統領は堪忍袋の緒が切れた。
トランプ大統領の中国に対する不信は大きい。
日本が経済だけを先行させることがどこまでできるか考えないといけない」、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・宮家邦彦は「これは覇権争い。
これで決着がつくはずもない。
日本は現状維持勢力」、ジャーナリスト・木村太郎は「大統領選挙が終わるまで解決しない。
日本は日本の国益を考えて、どっちと付き合えばいいか戦略を立てなおすべき。
二股外交をやっても良いのではないか」、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・宮家邦彦は「姑息なことはしない方が良い。
国民は甘い期待は持っていない。
中国に対する警戒感は昔とは全然違う。
大きな変化は起きないと思う」とスタジオコメント。
香港、台湾、バイデン、自民党に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.