テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
まもなく弾劾調査の公聴会] (31件/週)

11/13 16:35 BS1 【ワールドニュース アメリカ】
トランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐる公聴会が議会で始まる。
7月25日の電話会談でゼレンスキー大統領はトランプ大統領に「我々は協力を継続する用意がある」、トランプ大統領は「頼みたいことがある」と述べ、バイデン前副大統領と政治腐敗の話を口にした。
8月、内部告発者が7月25日の電話会談を例に挙げ「トランプ大統領が大統領の権限を使って2020年の米国の選挙への介入を外国に求めた」と訴えた。
13日の最初の証人はテイラーウクライナ臨時代理大使。
テイラー代理大使は非公開の公聴会で「ウクライナが2020年の選挙に協力しなければ米国は軍事支援を行わないという条件が示された」と語った。
罷免を決めるのは議会上院での弾劾裁判で、最高裁判所長官が裁判長役を務める。
下院議長・Nペロシの会見。
ニューヨーク大学ロースクール・Mマリー、一般人のコメント。
ロシア、憲法、クリントン元大統領、ウォーターゲート、ニクソン元大統領、共和党について言及あり。

11/13 16:30 BS1 【ワールドニュース アメリカ】
トランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐる公聴会が議会で始まる。
トランプ大統領は「民主党の魔女狩りがまた始まった」と述べた。
民主党は「大統領による職権乱用の典型的な例だ」と主張。
問題はことし7月、トランプ大統領がウクライナの大統領と電話会談した際、軍事支援及び新大統領のホワイトハウス公式訪問を交換条件に自身の政治ライバルについて調査を要求したかどうか。
ホワイトハウス当局者が内部告発。
弾劾調査へ発展。
ロシアがウクライナに侵攻し、領土の一部を併合した2014年、オバマ大統領はロシアに制裁を科し、バイデン副大統領にウクライナ政策の指揮を執らせる。
バイデン前副大統領の息子・ハンターはウクライナのエネルギー会社の役員を務めていたため利益相反のリスクが生じた。
ことし初め、ウクライナで新しい大統領が誕生。
トランプ大統領はMマルバニー首席補佐官代行に軍事支援を一時的に凍結するよう指示。
マルバニー代行は「トランプ政権は民主党を標的にした腐敗調査についてウクライナが発表した時点で支援凍結を解除するつもりだった」と認めている。
民主党下院情報委員長・Aシフの会見。
下院議長・Nペロシ、バイデン前副大統領の次男・Hバイデン、前副大統領・Jバイデン、一般人のコメント。
憲法、選挙について言及あり。
CNNの映像。

11/13 16:23 BS1 【ワールドニュース アメリカ】
大統領の弾劾調査で初めての公聴会が13日に行われる。
7月25日、トランプ大統領とウクライナ・ゼレンスキー大統領が電話会談。
トランプ大統領はゼレンスキー大統領に2つのことを調べるよう求めた。
2016年の選挙と、バイデン親子とウクライナの関わり。
国家安全保障会議のウクライナ専門家、アレキサンダービンドマンは「電話で聞いたことは適切ではない。
大統領が外国政府に米国人と政治上のライバルを調査するよう要求した」と証言。
民主党は「この電話で大統領が直接ウクライナを恐喝しようとした」としている。
8月29日、「軍事支援が凍結された」と報じられた。
9月1日、ペンス副大統領がポーランド・ワルシャワでゼレンスキー大統領と会談。
同日、ソンドランドEU大使がゼレンスキー大統領の側近に対し「ウクライナがバイデン親子を調査すると公に約束しなければ支援は提供されないだろう」と語った。
11日、議会からの圧力を受けて軍事支援凍結が解除された。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.