テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
消費税・世界経済・災害・日本経済を徹底分析] (8件/週)

11/17 09:55 NHK総合・東京 【日曜討論】
雇用は、年金など社会保障は。
西村康稔経済再生担当大臣は「厚生年金の適用範囲とか、中小企業の皆さんにも働き方改革が適用されていくと。
賃上げを、日本経済全体として上げていこう、続けていこうという流れの中で、中小企業の皆さんへの負担が高まることを我々も十分承知をしている。
キャッシュレス化であったり、新しいロボットであったり、技術を使った生産性の向上、こういったところをしっかり応援していきたい。
これも経済対策の中で議論を進めているところであるし、継続してしっかりと応援をしていきたいと思っている。
社会保障制度は全世代型ということで今回、幼児教育、保育の無償化、高齢者の皆さんにもより働きやすい環境、こういったことを作っていく中で、制度を持続可能なものとして次の代にしっかりと引き継いでいかなければいけない。
そうした観点から、給付と負担の関係についても議論が始まっているので、年末の取りまとめに向けてしっかり議論をしていきたいと思っている」とスタジオコメント。

11/17 09:53 NHK総合・東京 【日曜討論】
雇用は、年金など社会保障は。
大和総研チーフエコノミスト・熊谷亮丸は「こういう議論は誰が損する得するということになってしまうと収拾がつかない。
原理原則をしっかりすることが重要であって、まず第1点として社会保障制度はあくまで保険であるということ。
自助、共助、公助という言葉があるが、小さなリスクは自分で自己責任で取る。
ただ大きなリスクは皆で分かち合うと、ここをまずしっかりすること。
第二点として制度の持続可能性を高めることが非常に重要であって、そのためには負担と給付のバランスを回復する。
年齢で輪切りにするのではなくて応能負担。
能力のある人には負担をしてもらう。
例えば具体的な例としては、定額を患者の方にワンコインを負担してもらうこと。
もしくは後期高齢者、75歳以上の方に窓口負担を今の1割から2割にして頂くというような。
このことは制度の持続可能性を高めて負担と給付のバランスを回復する。
そういう意味では重要なんじゃないかと思うので、しっかり原理原則を打ち出すと、ここがポイントだと思う」とスタジオコメント。

11/17 09:52 NHK総合・東京 【日曜討論】
雇用は、年金など社会保障は。
アルファ電子・代表取締役社長・樽川久夫は「高齢者活用の問題については私共は大賛成で、実際に大手企業で定年退職された方に活躍して頂いている。
私共では定年後も希望があれば同じ待遇で継続できる制度も作って、実際に活躍して頂いている。
ただやはり、元々大手企業と違って非常に利益率が低い中で経営をしている中で、どんどん負担だけが増えていく。
働き方改革もそのこと自体は賛成だが、そのことによって出てくる負担に対して、こちら側の制度を作ったら負担の大きい我々に対する制度を、助成金の問題とか、様々な何らかの形で負担を減らすような方策を取って頂きたい」とスタジオコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.