テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
池上彰&増田ユリヤ徹底生解説] (8件/週)

02/11 11:36 テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
ジャーナリスト・池上彰、増田ユリヤがスタジオで解説。
デモで国を変えようという動きは日本ではさほどでもないが、最近は実は場所が変わってきたのでは。
昔はデモの活動が炎上。
今炎上といえばSNS。
炎上させるというのも現代のデモに代わる1つの行動なのではないか。
「保育園落ちた日本死ね」では、表現にも色々議論はあったが、待機児童の問題が非常に大きな政治課題になり、政府も自治体も取り組むようになった。
一般の人たちは何か社会に対して不満を持っていて、言う場所や、何を言ったらいいか、何を理由にしたらいいか自分自身もはっきりしていない。
SNSを使って言いたいことを言ってちょっとすっきりみたいなところでSNSというのは非常に広がったのでは。
ラーメン店、コンビニについて言及。
東洋経済オンライン・武政秀明編集長のスタジオコメント。

02/11 11:29 テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
ジャーナリスト・池上彰、増田ユリヤがスタジオで解説。
日本は、かつて1960年安保反対闘争が盛り上がった。
安倍晋三首相の祖父・岸信介総理の総理公邸の周りもデモ隊が全部取り巻いた。
安保条約の改定を巡り、日本が戦争に巻き込まれるのではと国会を取り巻いた。
全国5300か所以上、430万人規模のデモに発展。
米国・アイゼンハワー大統領が日本を訪問できなくなった。
混乱の責任を取る形で岸総理が辞任。
このようなデモが破滅的な結果をもたらすことになる。
学生運動では安田講堂の占拠、ベトナム戦争に反対、成田空港建設反対など当時の学生たちは示威行動・デモをした。
それが内ゲバ・内部抗争となり、1972年に浅間山荘事件が発生。
連合赤軍のメンバー5人が、人質をとって建物に立てこもって警官を含む3人が死亡。
過激なものを見て学生運動に同情的だった人も一挙に離れていった。
原発反対、SEALDs、LGBT、民主主義について言及。
安保闘争、フランス・パリの映像。
東洋経済オンライン・武政秀明編集長、通訳・翻訳家・作家・マライメントライン、テレビ朝日コメンテーター・川村晃司のスタジオコメント。

02/11 11:23 テレビ朝日 【ワイドスクランブル】
ジャーナリスト・池上彰、増田ユリヤがスタジオで解説。
忘れてはならないのは、学生たちの抗議活動を戦車で押し潰した1989年の中国・天安門事件。
若者たち、学生たちが中心になり、市民も巻き込んで中国・北京市・天安門広場で座り込みをした。
そこに戦車が入ってきて多数の死傷者が出た。
戦車を止めるため立ちはだかった男性。
映像自体が世界に配信され、男性は「無名の反逆者」と呼ばれた。
ポイント「世界で報道され、武器を持たない市民の抵抗と押し潰そうとする軍隊の象徴となった」。
男性は逮捕。
テレビ朝日に残っている当時の映像を紹介。
テレビ朝日コメンテーター・川村晃司は当時リポートしていた。
男性は釈放されて、どこで何をやっているのかわからない。
東洋経済オンライン・武政秀明編集長、通訳・翻訳家・作家・マライメントラインのスタジオコメント。
憲法に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.