テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【いま政治は】
放送法4条「政治的公平」撤廃には触れず] (9件/週)

放送巡り政府が議論 “公平的”4条撤廃に触れず(18/04/16)(再生)

04/16 23:40 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
政府の規制改革推進会議は今日、放送制度の見直しについて議論し、通信と放送の融合についてビジネスモデルの在り方などを検討することを決めた。
政府内で取り沙汰されていた政治的公平性や事実に基づいた報道などを定めた放送法4条の撤廃について、今日の議論で触れられなかった。
これに対し民放連は、「議論の方向性によっては民放事業者の経営に重大な影響が及びかねない。
民放連は国民、視聴者の視点に立って引き続き会議の議論を注視していく」と発表。
総理官邸、安倍総理の映像。

04/16 22:35 テレビ朝日 【報道ステーション】
放送制度の在り方を巡り政府の規制改革推進会議は「通信と放送の融合時代のビジネス展開」「電波の有効活用に向けた制度のあり方」などを今後の検討課題にすることを確認。
番組の政治的公平などを定めた放送法4条の撤廃案が浮上していたが、きょうは言及されなかった。
日本民間放送連盟は「公共的な役割をないがしろにするような政策は国民の利益にならない」として今後も議論を注意深く見ていく考えを示している。
総理大臣官邸、安倍総理大臣の映像。

04/16 18:10 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
放送制度のあり方を巡り、政府の規制改革推進会議は政治的公平などを定めた放送法4条の撤廃には触れなかった。
総理大臣官邸で安倍総理大臣は「放送と通信の垣根はどんどんなくなっている。
改革に向けた方策を議論すべき時期に来ている」と述べた。
きょうの会議では「通信と放送の融合時代のビジネス展開」「電波の有効活用に向けた制度の在り方」などを今後の検討課題にすることを確認。
放送の規制改革を巡っては、番組を作るソフト部門と放送設備を管理するハード部門の分離や、放送法4条の撤廃を盛り込んだ改革案が浮上していたが、きょうの議論では明示されなかった。
日本民間放送連盟は「公共的な役割をないがしろにするような政策は国民の利益にならない」として今後も議論を注意深く見ていく考えを示した。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.