テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【いま政治は】
SNS誹謗中傷・投稿者情報・迅速に開示・新たな手続き創設へ] (3件/週)

10/26 23:17 NHK総合・東京 【ニュースきょう一日】
SNS上のひぼうや中傷では被害者が裁判手続きをしても時間がかかることが課題となっていた。
総務省は誰が投稿したのか情報が迅速に開示される新しい裁判の手続きを設けることになり、きょう有識者会議で制度の骨子案が示された。
新たな手続きでは被害者の申し立てを受け裁判所が1回の手続きで情報を開示するかどうかを判断し、運営会社などに命令を出す。

10/26 19:18 NHK総合・東京 【ニュース7】
SNS上に匿名で発信されるひぼうや中傷。
追い詰められ、自殺する人も出ている。
ことし5月には、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた、プロレスラー・木村花が亡くなった。
SNSには、木村の言動を非難する投稿が相次いでいた。
また、あおり運転の事件で、関係がない人の写真や名前がネット上に拡散し、問題になったこともあった。
IT企業で作る協会によると、ことし6月に設けた相談窓口に2か月間で寄せられた相談のうち、特定の個人を対象にしたひぼう中傷に当たると判断されたのは、102件に上った。
被害者は、投稿した人の情報を開示するよう、SNSの運営会社や、接続業者を相手取って、訴えを起こすことができる。
開示の対象として総務省は省令で、氏名やIPアドレスに電話番号も加える対応を取っているが、その手続きには時間がかかり、泣き寝入りする人が多いのが実態。
そこで総務省は、情報が迅速に開示される新しい裁判の手続きを検討。
きょう、有識者会議で骨子案が示された。
現状では、被害者側がSNSの運営会社、投稿者が利用している接続業者それぞれに、裁判手続きを取らないと、投稿者の開示にはつながらない。
それが今回の骨子案では、1回の手続きで、裁判所が情報を開示するかどうか判断し、運営会社や接続業者に命令を出す。
この骨子案に基づいて、新たな制度を設ける方針で、有識者会議の出席者からは、被害者の速やかな救済につながるという意見が出ている。
ただ、一方では乱用されると、表現の委縮につながるおそれがあり、発信者側の権利を損なうことがないよう、慎重に考えるべきだという懸念も出ている。

10/26 18:56 BS1 【BSニュース】
SNS上のひぼうや中傷による深刻な被害を防ぐため、総務省は誰が投稿したのか情報が迅速に開示される新しい裁判の手続きを設けることになり、有識者会議で制度の骨子案が示された。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.