テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
トップへ
【旅行】
道の駅情報] (12件/週)

05/24 17:45 TBSテレビ 【Nスタ】
都内の海鮮居酒屋の看板メニューの1つがホタテだが、しばらく食べられなくなるかもしれないという。
ホタテに異常事態が起きたのは岩手県南部の大船渡市で、三陸産ホタテの有名産地の1つ。
水揚げされるホタテは「恋し浜ホタテ」の名で知られる全国ブランドで、養殖場の見学ツアーなど外国人にも人気だという。
ところが番組が大船渡を訪れるとホタテが街から消えていた。
貝毒とは有毒プランクトンを食べ続けた貝が体内に毒を蓄積して毒化してしまう現象で、人が誤って食べると神経障害などを引き起こす可能性がある。
岩手県では半分の海域で国の規制値を超える貝毒が検出された為、大船渡などでは出荷が自主規制される事になり、この時期の出荷停止は大きな痛手になるという。
農水省によると、この貝毒は今年各地で相次ぐ異常事態。
大阪府の海岸のアサリからも検出されていて、潮干狩り場では取った貝は食べないよう呼びかけている。
ホタテバーガーがを販売する店では名物がしばらく販売中止になり、ブランドホタテで町おこしをしている地元では、2ヶ月後に迫った夏休みを前に、環境への影響を懸念する声も上がり始めている。
岩手県はスーパーなどで販売されている県産ホタテは検査済みで貝毒の心配はないとしているが、この影響は少なくともあと1ヶ月は続くとみている。
魚がし旨いもん酒場どまん中・赤坂店、岩手・大船渡、小石浜漁港、The Burger Hearts・岩手・大船渡市、道の駅さんりく・岩手・大船渡市の映像。
魚がし旨いもん酒場どまん中・赤坂店・杉山一道総料理長、大船渡・魚長・門田利明、小石浜・ホタテ漁師・佐々木淳、漁業関係者、道の駅さんりく・及川初枝のコメント。

05/21 11:12 NHK総合・東京 【ひるまえほっと~関東~】
(中継)宇都宮。
宇都宮市で今週26(土)~6月3日(日)まで「第23回宇都宮さつき&花フェア」が開かれる。
全国各地から集めたサツキが約250点展示される。
初日と最終日にはそれぞれ先着100人にサツキの苗が無料で配布される。
道の駅うつのみやろまんちっく村を紹介。

05/21 05:45 NHK総合・東京 【おはよう日本】
来年4月30日に幕を閉じる平成。
地方では高齢化や人口減少問題が深刻化。
国によって繰り返された地方創生の取り組みは何をもたらしたのか。
「ふるさと創生」を掲げた竹下登元首相の出身地・島根県の現場を取材。
旧掛合町では当時、1億円の使いみちについて住民の提案を募った。
全国の道の駅のモデルになった「掛合の里」を整備。
一時は賑わったが長続きはせず、年間利用者は半分に減少。
周辺に似たような道の駅がいくつもできたことが大きな理由。
旧掛合町は急激な人口減少に直面。
安倍首相は「最大の課題の1つが元気で豊かな地方の創生」と述べ、地方創生事業が再び始まった。
交付金は提案に応じて配分される。
雲南市も若者の人材育成などの事業を提案し、交付金を受け取った。
島根大学・佐野広和教授は「政府が頑張るが故に画一的なものにならざるを得ない」と指摘。
小渕官房長官(当時)、島根・雲南・旧掛合町、雲南市役所の映像。

05/21 04:42 NHK総合・東京 【おはよう日本】
来年4月30日に幕を閉じる平成。
地方では高齢化や人口減少問題が深刻化。
国によって繰り返された地方創生の取り組みは何をもたらしたのか。
「ふるさと創生」を掲げた竹下登元首相の出身地・島根県の現場を取材。
旧掛合町では当時、1億円の使いみちについて住民の提案を募った。
全国の道の駅のモデルになった「掛合の里」を整備。
一時は賑わったが長続きはせず、年間利用者は半分に減少。
周辺に似たような道の駅がいくつもできたことが大きな理由。
旧掛合町は急激な人口減少に直面。
安倍首相は「最大の課題の1つが元気で豊かな地方の創生」と述べ、地方創生事業が再び始まった。
交付金は提案に応じて配分される。
雲南市も若者の人材育成などの事業を提案し、交付金を受け取った。
島根大学・佐野広和教授は「政府が頑張るが故に画一的なものにならざるを得ない」と指摘。
小渕官房長官(当時)、島根・雲南・旧掛合町、雲南市役所の映像。

05/20 10:56 NHK総合・東京 【明日へ つなげよう】
講師はデザイナー・コシノジュンコ。
情熱を傾けているのが福島県の伝統工芸の再生。
東京電力・福島第一原発の事故。
風評被害は農作物、魚介類、伝統工芸品にも影を落としている。
観光客の減少や原料が放射能に汚染されているとの風評で売上は激減。
コシノは福島の伝統工芸に希望の光を与えたいという。
学生たちに上川和紙を使い売れる新商品を開発するミッションを与えた。
東京・青山で学生たちの作品のお披露目会。
コシノジュンコ、フィフティー代表取締役・佐藤美加、ファッション雑誌「装苑」編集長・児島幹規が審査。
東京藝術大学大学院2年生の女子学生は和紙の製造工程の音でヒーリングミュージックとスピーカーを作成。
東京藝術大学大学院1年生の女子学生は花器「うるかす器」を作成。
自然式の加湿器、アロマを垂らすこともできる。
マス商品になる可能性があると評価。
roomsの展示会、伊勢丹、ロンドン、五輪に言及。
福島県二本松市にある「道の駅安達」の「二本松市和紙伝承館」の映像。

05/20 10:45 NHK総合・東京 【明日へ つなげよう】
講師はデザイナー・コシノジュンコ。
情熱を傾けているのが福島県の伝統工芸の再生。
東京電力・福島第一原発の事故。
風評被害は農作物、魚介類、伝統工芸品にも影を落としている。
観光客の減少や原料が放射能に汚染されているとの風評で売上は激減。
コシノは福島の伝統工芸に希望の光を与えたいという。
学生たちに上川和紙を使い売れる新商品を開発するミッションを与えた。
コシノジュンコの自宅で福島の伝統工芸で作った食器、中国で分けてもらったおしぼりなどを紹介。
コシノは「自分抜きにして物づくりしない方がいい、人ごとはやめた方がいい」という。
東京・青山で学生たちの作品のお披露目会。
コシノジュンコ、フィフティー代表取締役・佐藤美加、ファッション雑誌「装苑」編集長・児島幹規が審査。
東京芸術大学3年生の男子学生は上川和紙で動物のランプシェード。
鑑定額は「4万9000円」。
コシノは「8万円」と値付け。
福島県二本松市にある「道の駅安達」の「二本松市和紙伝承館」、ROOMS EXPERIENCEの映像。

05/20 10:36 NHK総合・東京 【明日へ つなげよう】
講師はデザイナー・コシノジュンコ。
情熱を傾けているのが福島県の伝統工芸の再生。
東京電力・福島第一原発の事故。
風評被害は農作物、魚介類、伝統工芸品にも影を落としている。
観光客の減少や原料が放射能に汚染されているとの風評で売上は激減。
コシノは福島の伝統工芸に希望の光を与えたいという。
学生たちに売れる新商品開発というミッション。
塾生は上川崎和紙を使って新商品を作り上げる。
塾生の東京藝術大学3年生の男子学生は人面ランプシェードを作った。
東京藝術大学大学院1年生の女子学生は紙皿、メガネケース、靴を作った。
東京藝術大学大学院2年の女子学生は和紙の音を録音するが、具体的アイデアは出てこない。
タイガース、タイトル、パソコンに言及。
福島県二本松市にある「道の駅安達」の「二本松市和紙伝承館」の映像。

05/20 10:29 NHK総合・東京 【明日へ つなげよう】
講師はデザイナー・コシノジュンコ。
情熱を傾けているのが福島県の伝統工芸の再生。
東京電力・福島第一原発の事故。
風評被害は農作物、魚介類、伝統工芸品にも影を落としている。
観光客の減少や原料が放射能に汚染されているとの風評で売上は激減。
コシノは福島の伝統工芸に希望の光を与えたいという。
学生たちに売れる新商品開発というミッション。
塾生は上川崎和紙を使って新商品を作り上げる。
JUNKO KOSHINO常務取締役・鈴木順之が案内。
学生らは福島県二本松市の和紙工房を訪ねる。
原発事故後、楮は上川崎和紙の原料となるが汚染されているとの風評被害のため紙漉きをする農家はなくなった。
「道の駅安達」にある「二本松市和紙伝承館」で上川崎和紙の製造工程を紹介。
上川崎和紙は手間がかかるため安くても1枚600円。
バス、トイレ休憩に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.