テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
AIメタデータは登録商標 JCC株式会社
【気になる話題】
拉致問題] (24件/週)

09/16 23:35 テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
北朝鮮による拉致問題の解決を願う国民大集会が開かれ、拉致被害者・横田めぐみの母親・横田早紀江は、被害者家族が高齢化している現状を挙げ、問題の早期解決を訴えた。
これに対し安倍総理大臣は、「条件をつけず金委員長と向き合い、早期解決に取り組む」と強調。

09/16 22:45 BS日テレ 【深層NEWS】
金丸信元自民党副総裁の次男・金丸信吾を団長とする日朝友好山梨県代表団がおとといから北朝鮮を訪問。
現地でガイドを務める朝鮮人民軍中佐によると去年9月の南北の合意を受け、駐留する兵士の非武装が実行されていて板門店の兵士は拳銃などの武器を携行していない。
北朝鮮は米韓合同軍事演習をめぐり韓国政府を強く非難も板門店では軍事的緊張緩和に向けた取り組みも。
慶応大学准教授・礒崎敦仁は「金丸訪朝は30年前。
草の根の友好は中国もそうだが社会主義国家はすごく大切にする。
(日朝会談に)直接つながることが考えにくい。
北朝鮮側が今、安倍政権と近づくメリットはない。
いま直接、米国とやり取りできている。
すぐに日朝首脳会談は難しい」、明海大学准教授・小谷哲男は「トランプ大統領は拉致問題も含め日朝の対話を後押しすると言ってきた。
草の根であっても違和感を感じることはない」とスタジオコメント。
参議院議員、小泉政権、911テロ、ブッシュ政権に言及。
板門店の映像。

09/16 21:02 BSフジ 【プライムニュース】
トランプ大統領が軍事力を使うかどうかは大統領選挙を考えているのか。
ジャーナリスト・木村太郎は「米国の大統領は次の選挙のために外交をやっていたらだめになる。
外交問題で選挙を気にしてやっている大統領は大統領ではない」、産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久は「選挙の事ばかり考えて外交をやっていてはいけない。
今トランプがやっているのは選挙で再選するためにやっているという意見がある。
拉致問題の人は、トランプはあたたかいと言っていた。
日本の人の話を一生懸命聞いていた。
中国の問題は、関税や貿易の戦争ではなく、中国という存在が米国が戦後主導してきた国際秩序を壊そうとしている。
米国の主流のエリートのオバマ、ヒラリークリントンに象徴されるような価値観を否定した所にトランプが出てきた。
敵が多い。
今の中国政策に反対が多い」とスタジオコメント。
北朝鮮に言及。

09/16 20:50 BSフジ 【プライムニュース】
米国・ボルトン補佐官の解任について。
産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久は「拉致問題をやっている人たちはみんなボルトンに対して非常に感謝している」、ジャーナリスト・木村太郎は「トランプという人はとにかく米国ファースト」とスタジオコメント。
北朝鮮、国防総省、CIA、ホワイトハウス、大統領選挙に言及。

09/16 20:46 NHK総合・東京 【NHKニュース】
北朝鮮による拉致事件から42年が経過し被害者家族の高齢化が進む中、東京・千代田区で大規模な集会が開かれ、家族らはすべての被害者の一刻も早い帰国を実現させてほしいと政府の取り組みを求めた。
拉致被害者・田口八重子の兄・飯塚繁雄は「願いは拉致被害者の家族の奪還」と述べた。
集会には拉致被害者の家族や支援者らが参加。
拉致問題が依然としてこう着状態が続く中、家族の高齢化は深刻さを増している。
拉致被害者・有本恵子の母・嘉代子は、7月に転んでけがをし入院していたが、体調が安定し帰宅。
母・嘉代子は「最期には恵子を取り返して、もう一生最後の願い」、有本恵子の父・明弘は「恵子が一番気になっている。
何十年間ずっと晩も寝られない」と話した。
集会で拉致被害者・横田めぐみの母・早紀江も「主人も体調が弱ってきている。
飯塚さんもお疲れになっている。
有本恵子さんのお母さんもギリギリのところで一生懸命頑張っている。
一目会うまで、1回で良いから抱きしめてあげたい」と訴えた。
集会では最後に北朝鮮に一刻も早い被害者の帰国を決断させるとともに政府に対しすべての被害者の早期帰国の実現を求める大会決議を採択した。

09/16 18:55 TBSテレビ 【Nスタ】
安倍首相「私自身条件をつけずに金正恩委員長と直接向き合っていく」。
拉致被害者の即時一括帰国を求める「国民大集会」が都内で開かれ、安倍首相は拉致問題解決に向けて強い意欲を示した。
また「相互不信の殻を破り不幸な過去を精算して北朝鮮との正常化を目指していく決意には変わりはない」として日朝首脳会談実現を目指す考えを改めて強調した。
横田早紀江「ひと目で良いから頑張ってきたねと言って抱きしめてあげたい」。
横田めぐみの弟・拓哉は「私達が海外に出ていって関係者一人ひとりの目を見て真剣に悔しくつらい気持ちを訴えていくほかない」。
東京・千代田区の映像。

09/16 18:53 BS1 【BSニュース】
北朝鮮による拉致事件から42年が経過し、被害者家族の高齢化が進む中、東京で大規模な集会が開かれた。
この集会で安倍総理大臣は先のG7サミットで拉致問題の解決に向けた日本の立場に支持が得られたと強調したうえで日朝首脳会談の実現を前提条件を付けずに目指す決意を改めて示した。
拉致問題は依然としてこう着状態が続き、家族の高齢化が深刻さを増す中、一刻も早い被害者の帰国を望む声が強まっている。
安倍首相は、「G7サミットでのトランプ大統領とのやりとりで、大統領からは『日本と協力して全力で解決していこう』という発言があった」と述べた。
田口八重子の兄・飯塚繁雄、横田めぐみの母親・横田早紀江、安倍首相のコメント。
日朝首脳会談、金正恩に言及。
 

09/16 18:52 フジテレビ 【Live News it!】
横田めぐみの母・横田早紀江「こんなに残酷なことが何もないままで、私たちも天国にいきたくありません。
ひと目会って、がんばってよく我慢したねと一声かけてあげたい」と述べた。
拉致被害者の家族らは、日朝首脳会談からあすで17年になるのを前に安倍総理らと面会し、改めて拉致問題の早期解決を訴えた。
北朝鮮・拉致被害者の家族と安倍総理大臣の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.