テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【驚きのニュース】

“環境分野のノーベル賞”に平田仁子・日本人女性で初(6月16日)
環境分野のノーベル賞とも呼ばれるゴールドマン環境賞に、石炭火力発電の影響などを訴えてきた京都市・環境NGO「気候ネットワーク」・平田仁子理事が選ばれた。

日本人女性が受賞するのは初めてで、東京電力福島第一原子力発電所の事故の後、日本で50基の石炭火力発電所の新設や増設が計画されたが、米国の財団は平田理事の活動がきっかけで13基の石炭火力発電所の計画が中止になったと評価した。


イスラエル連立政権発足・ネタニヤフ政権交代(6月14日)
中東のイスラエルでは約2か月にわたる交渉の末に合意した中道派・イェシュアティドや右派・ヤミナの野党などで作る連立政権が発足し、2009年からの12年にわたるネタニヤフ政権が交代した。

イスラエルでは与野党の勢力が拮抗しており3月には2年間で4度目の総選挙が行われる異例の事態となっていた。

そして、ヤミナ・ベネット党首を首相とする連立政権の発足で合意した。

新たな連立政権には中道派、右派、左派、アラブ系の8つの政党が参加していて、なかでもパレスチナ問題をめぐって各党のそれぞれの立場の隔たりが大きく、政権として一致した政策をとることができるか未知数である。...
全部読む


イスラエルが再びガザを空爆 先月に停戦合意も・・・(2021年6月16日)


バッハ会長五輪開催強調「来月中旬来日望ましい」(6月11日)
IOC国際オリンピック委員会のバッハ会長は理事会後に会見を行い来月に迫った東京大会の開催を改めて強調した。

今月予定していた来日については「来月中旬に訪れるほうが望ましいという結論に達した」と述べた。

IOCは理事会で2032年の夏の大会の開催地にオーストラリアのブリスベンを提案すると話し来月東京で開く総会で投票を実施する。



世界最大級・タイ・ダム湖で水上太陽光発電(6月11日)
タイのダム湖に世界最大級の水上太陽光発電が作られた。

数週間後には10万人に電力を供給することになっている。

設置費用は地上に比べると約20%高いが、広い土地を確保する必要がないことに加え、水がパネルの温度を下げてくれるので地上の太陽光発電より発電量が多くなるとのことである。



ベゾスら“ほぼ納税せず”(6月10日)
調査報道を手がける米国の報道機関、「プロパブリカ」は8日、ジェフベゾスやウォーレンバフェットなど25人の富裕層に関する納税記録を独自に入手し分析したとする調査報告書を発表した。

25人の試算は2014年から2018年の間に4010億ドル(日本円で43兆円)あまり増加したが、連邦政府への所得税額は1兆4000億円あまりにとどまったという。

このうちジェフベゾス(アマゾン創業者)の資産は990億ドル増えたが、納税額は9億7300万ドルで、資産の増加に対する真の税率は0.98%。...
全部読む


過去の記事
1 2 3 .... 10 20 30 .... 91

「驚きのニュース」内の検索

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.