テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

ロシア傭兵組織ワグネル;ウクライナ戦争で3万人超死傷も、プーチン信奉者は活躍を称賛【米メディア】

米政府発表では、ウクライナ戦争に参戦しているロシア傭兵組織ワグネル・グループ(WG、注後記)の戦闘員3万人以上が死傷しているという。しかし、プーチン信奉者のひとりであるチェチェン共和国首長は、首長退任後に自身も同様組織を立ち上げると表明する程、同グループの活躍を称賛している。

2月19日付『Foxニュース』は、「プーチン信奉者のチェチェン共和国首長、退任後に自身も傭兵組織を立ち上げると発言する程WGを称賛」と題して、プーチン大統領側近のチェチェン共和国首長が、ロシア傭兵組織WGの活躍を称賛し、自身も退任後に同様組織を立ち上げると発言したと報じている。

チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長(46歳、2007年就任)はウラジーミル・プーチン大統領(70歳、2000年就任)の信奉者・側近であり、ウクライナ軍事侵攻を強く支持している人物である。...

全部読む

 

ロシア;ウクライナ侵攻前に日本攻撃計画があったことが機密文書で明らかに【米メディア】

ロシアが隣国ウクライナに軍事侵攻して早9ヵ月が経過したが、未だに終結の糸口が見えない。そうした中、ロシア連邦保安庁(FSB、注1後記)から漏洩した機密文書で、ロシアがウクライナ侵攻前の昨夏に、日本を攻撃する計画を立案していたことが明らかになった。

11月24日付『ニューズウィーク』誌は、「FSB漏洩文書から、ロシアが2021年夏に日本を攻撃する計画を持っていたことが明らかに」と題して、ロシア当局内の内部告発者から提示された情報から、ロシアはウクライナ軍事侵攻を行う半年余り前に日本を攻撃する計画を練っていたことが判明したと報じている。

ロシアのFSBの内部告発者から得た情報によると、ロシアは、ウクライナ軍事侵攻を開始する何ヵ月も前の2021年夏に、日本を攻撃する計画を練っていたという。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.