テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

米ボーイング、コロナ禍後の航空機受注大幅増も欧州エアバスには4年連続敗退【欧米メディア】

昨年12月の報道どおり、エア・インディア(1932年前身設立)は500機、また、ユナイテッド航空(UA、1926年設立)も200機のジェット機を各々新規発注すると発表していて、いよいよコロナ禍後の航空産業再興が期待される。しかし、この程判明した2022年実績によると、米ボーイング(1934年設立)の新規受注が大きく伸びたものの、ライバルの欧州エアバス(1970年設立、仏・独・英・西の共同事業体)には4年連続で後塵を拝することになっている。

1月11日付『ロイター通信』は、「米ボーイング、新規受注大幅増も4期連続で欧州エアバスに敗退」と題して、コロナ禍後の航空産業再興の期待もあって、米ボーイングが大幅に新規受注を伸ばしているが、米中対立の煽りを受けて中国市場向けが低迷していることより、ライバルに大きく後れを取っていると報じている。

米ボーイングは1月10日、2022年の航空機新規受注が大幅に伸びたと発表した。

しかし、米に次ぐ大市場の中国向けが伸び悩んでいることから、4期連続で欧州エアバスに敗退している。...

全部読む

 

中国軍の台頭抑止で日米同盟強化

日米は11日、岸田総理の訪米に向けた外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で、敵基地攻撃力運用での協力で一致した。一方、米国防長官は、台湾周辺の軍事活動は中国の侵攻兆候との見方に否定的見方を示している。

1月12日付『ロイター通信』:「中国軍事活動、台湾侵攻兆候との見方に疑問」:

ロイド・オースティン米国防長官が11日、台湾周辺での中国軍事活動の台湾侵攻への深刻な兆候との見方に疑問を呈した。

オースティン氏は、ブリンケン米国務長官と日本の代表との共同会見で、「海峡での航空活動の増加や台湾周辺での水上艦の活動増加が見られるが、それが侵攻が差し迫っていることを意味するかについては非常に疑問視している」と述べた。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.