テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

米ハリス副大統領;ベトナム着便の遅れの隙を突かれて、中国のベトナム向けワクチン提供に先を越される怪【米・フランスメディア】

初のアジア外遊中のカマラ・ハリス副大統領(56歳)は、最後の訪問地のベトナムで新型コロナウィルス(COVID-19)ワクチン提供を申し出るはずであった。しかし、ベトナム行き搭乗便が原因不明の遅延により、同副大統領のベトナム到着が数時間遅れた。そして、その隙を突くかのように、中国が先行してベトナム宛にCOVID-19ワクチンを提供している。なお、搭乗便遅延の原因として、「ハバナ症候群(注後記)」が未確認情報として挙がっている。

8月26日付米『Foxニュース』『AP通信』配信):「中国、ハリス副大統領の搭乗便延着の隙にベトナム宛ワクチン先行提供」

中国政府は8月25日、ベトナム訪問予定のカマラ・ハリス副大統領搭乗便の延着の隙を突いて、ベトナム宛にCOVID-19ワクチンを先行提供した。

そもそも同副大統領は、今回のベトナム訪問を機会に、米・ベトナム関係強化及びアジア地域での中国影響力に対抗していく一環で、ベトナム宛に100万回分の米ファイザー製ワクチンを無償提供する予定であった。...

全部読む

 

タリバン侵攻が進むアフガニスタン、民間人の集団処刑や少女の性奴隷化が横行

米国、北欧諸国、英国が20年ぶりに軍隊を撤退させる中、イスラム教過激派組織のタリバンが政府軍から広大な領土を奪い始めている。タリバンが占領した都市から逃げてきた何千人ものアフガニスタン人による証言から、占領された都市での悲惨な状況が明らかになってきている。

インドのニュースサイト『インディア・トゥデイ』によると、反政府勢力のタリバンが支配しているアフガニスタン北部の地域から、何千人もの人々が故郷を脱出している。これらの人々の多くは、タリバンの戦闘員による残忍な行為について話している。タリバンが支配する地域では、死体が路上に散乱しているという。少女たちは誘拐され、タリバン戦闘員との結婚を強制されている。若者はタリバンのために戦うように促されている。ほとんどの市民がタリバン支配地域から首都カブールに逃げてきた。...
全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.