テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

イスラエル、ヒズボラとの紛争では1日に2千発のロケット弾が飛来すると予想

今年5月、パレスチナ自治区からイスラエル領に向けて発射されたロケット弾は、合計で約4400発にのぼった。イスラエルは、レバノンのイスラム急進派の武装組織ヒズボラとの間で武力衝突が起こった場合、1日に2千発という記録的なロケット弾に備えていることを明らかにした。

『BFMTV』によると、5月にガザ地区で政権を握っているイスラム主義組織ハマスがイスラエルの主要都市にロケット攻撃を行った際、イスラエルは即座に報復し、11日間の戦争に発展した。イスラエル軍によると、パレスチナ自治区からイスラエル領に向けて発射されたロケット弾の総数は約4400発で、レバノンから同数のロケット弾が発射されたヒズボラとの2006年の1ヵ月続いた戦争時のペースを上回った。

約10年前から運用されているイスラエルの防空システム「アイアンドーム」は、5月にガザから発射されたロケット弾のほとんどを迎撃したが、そのうち300発弱がイスラエル国内の人口密集地に着弾した。...

全部読む

 

ケリー米特使、バイデン大統領は「潜水艦の取引について知らされていなかった」

米国のジョン・ケリー気候変動担当大統領特使は、フランスのテレビ番組のインタビューの中で、バイデン大統領は、米・英・豪の潜水艦の取引について「何が起こっていたのか知らされていなかった」ため、フランス政府を怒らせることになるという認識を持っていなかったと発言した。

『ナショナルレビュー』『フォックスニュース』によると、バイデン政権で気候変動問題を担当するジョン・ケリー大統領特使が5日、フランスBFMTVのテレビ番組のインタビューの中で、豪仏共同の潜水艦計画の破棄の問題について「バイデン大統領に尋ねられたので、私は説明した。えーと。状況がどうなのかと尋ねられた。大統領はこの件について知らされていなかった。何が起こったのか全く知らされていなかった。詳細については触れたくない。...
全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.