テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

米国と同盟国、中国のサイバー攻撃を一斉に非難

北大西洋条約機構(NATO)加盟国、欧州連合、オーストラリア、ニュージーランドと日本は19日、中国のサイバー攻撃に関して、一斉に非難声明を発表した。声明はそれぞれの国で個別に出されたものの、各国とも共通の見解を発表し、中国に対してサイバー空間での「責任ある」行動を求めた。

『AFP通信』は、これまでに最も多くの国が協力して中国のデジタル活動を非難したと伝えている。ただし、制裁や報復の発表を伴っていないため、専門家はその影響は限定されていると指摘している。

米国のバイデン大統領は、中国当局がサイバー攻撃の犯人を「保護」しており、さらには「攻撃を可能にするための手段を与えている」と厳しく非難した。ブリンケン国務長官は、中国の「サイバー空間における無責任で破壊的、かつ混乱を招こうとする行動は、米国とそのパートナーの経済と安全保障に大きな脅威を与えている」と付け加えた。...

全部読む

 

バイデン米大統領、演説でトランプ批判

トランプ前大統領が2020年の米大統領選で「不正投票」があったと主張したことで、多くの共和党州では投票権を制限しようとする動きがある。ペンシルベニア州フィラデルフィアで演説したバイデン大統領は、「自由で公平な選挙を否定することは、最もこの国にふさわしくない」と述べ、投票機会拡大や選挙の透明性を高める連邦選挙改革法案「For The People Act」の可決を呼び掛けたが、国会内で共和党の合意にこぎつける道筋は示せなかった。

7月13日付『CNBC』は「フィラデラフィアで投票権演説、バイデン大統領がトランプ氏の“大うそ”を批判」との見出しで以下のように報道している。

バイデン大統領は13日、フィラデルフィアで大きな演説を行い、2020年の選挙は盗まれたと主張した前大統領の「大きな嘘」を批判。投票権を守るための戦いは、連邦選挙改革法案「For The People Act」の可決から始まるのだと訴えた。演説では、市民権運動が活発化する中、この問題は独立戦争以来、米国のデモクラシーにとって最も重要な試練だとした。...

全部読む

page12345678910

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.