テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【Globali】
 

台湾の半導体メーカー;中国に邪魔されないよう台湾政府に代わって独製ワクチンを手当て【欧米メディア】

既報どおり、台湾は新型コロナウィルス(COVID-19)感染防止に厳しい隔離政策を取ったことから、感染抑制が奏功していたが、ワクチン手当てには後れを取っていた。5月に感染再拡大が発生した際、僅か70万回分しか入手できていない状況に見舞われたことから、米国及び日本から提供された計500万回分のワクチンで何とかしのいでいる。そうした中、台湾政府によるワクチン手配には、中国の目に見えない妨害が考えられていることから、台湾の二大半導体メーカーがワクチン手配に乗り出すことになり、この程、ドイツのバイオNテック製ワクチン1,000万回分を手当てすることに成功した。

7月12日付米『AP通信』:「台湾のIT企業が独自に手当てしたワクチンを政府に提供」

台湾のIT企業大手2社は7月12日、ドイツのバイオNテック製ワクチン1,000万回分を独自に入手し、ワクチン手当て不足に喘ぐ台湾政府宛に提供することとしたと発表した。

台湾積体電路製造(TSMC、1987年設立の半導体メーカー)及び鴻海精密工業(ホンハイ、1974年設立のスマートフォン・薄型テレビ等電子製品の受託生産メーカー)の2社で、ドイツ製ワクチンは中国市場向け販売代理店の上海復星医薬(フォサン・ファーマ、1992年設立)経由の売買契約であり、同ワクチンはドイツから台湾向けに直接配送されるという。...

全部読む

その他の最新記事

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.