テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/05/05
TBSテレビ 【ゴゴスマ~GOGO!Smile!~】
東京五輪まで79日・五輪マラソン「テスト大会」感染拡大の札幌で開催
関連記事
06/21(月)
(フジテレビ[バイキングMORE])
東京五輪について、政府分科会・尾身茂会長ら専門家の有志が提言を政府と大会組織委員会に提出。
政府分科会・尾身茂会長は大会組織委員会に対して「行政機関とも連携し、不特定多数が集まる応援イベント等の中止と飲食店等での大人数の応援自粛の要請」、政府に対して「感染拡大や医療の逼迫の予兆が察知された場合には、たとえ開催中であっても、躊躇せずに必要な対策(緊急事態宣言の発出等)を取れるように準備し、タイミングを逃さずに実行して頂きたい」と提言。
06/21(月)
(フジテレビ[バイキングMORE])
約1ヵ月後に迫った東京五輪について、政府分科会・尾身茂会長、川崎市健康安全研究所所長・専門家ラウンドテーブル・岡部信彦座長、国立感染症研究所所長・厚生労働省アドバイザリーボード・脇田隆字座長ら専門家の有志26人が政府、大会組織委員会へ提言を提出。
尾身会長らは「ワクチン接種が順調に進んだとしても、7月から8月にかけて感染者および重症者の再増加がみられる可能性がある。
また、変異株の影響も想定する必要がある」「大会開催を契機とした、全国各地での人流、接触機会の増大による感染拡大や医療逼迫のリスクがある」と提言。
政府分科会・尾身茂会長は東京五輪の観客について「テレビ等で観戦する全国の人々にとって、『感染対策を緩めても良い』という矛盾したメッセージになるリスクが発生する」として、「無観客開催が望ましいと考える」と述べた。
有観客の場合は「現行の大規模イベント開催基準よりも厳しい基準の採用」「観客は、開催地の人に限ること、さらに移動経路を含めて感染対策ができるような人々に限る」「感染拡大、医療逼迫の予兆が探知される場合には、事態が深刻化しないように時機を逸しないで無観客とすること」という条件を挙げた。
愛知医科大学病院感染症科・三鴨廣繁のコメント。
06/21(月)
(テレビ朝日[大下容子ワイド!スクランブル])
新型コロナウイルス対策分科会・尾身会長は東京五輪の試合会場などに観客を入れる場合の対策について人数は大規模イベントの開催基準である上限1万人よりも厳しくする、都道府県を越えた人の流れを防ぐため観客は開催地の人限定としている。
大会組織委員会・橋本聖子会長は18日の会見で地域限定観戦には言及せず観客は会場への直行、直帰を徹底するよう求めた。
19日、埼玉県・大野元裕知事は「都道府県を越える移動制限措置(まん延防止措置で国が求める移動制限)との整合性をとっていただき競技会場のある都道府県に速やかに見解を示すべき」とし国に対して早急な対策を求めている。
政府に提出した提言の中で尾身会長は「感染拡大の予兆があった場合には無観客にする必要がある」、期間中に感染拡大が起きてしまった場合について「つい最近の大阪のような状況が仮に生まれてそういうことが生じた場合にはなかなか五輪の開催を続けるというのは難しくなる」と話している。
スポーツライター・小林信也は「例えば1つの競技で感染者が出た場合、その競技のみ中止することはあり得る。
しかし大会そのものを中止にすることはないのでは。
チケットの払い戻しについて対策をとる必要がある。
大会が始まると払い戻しはできないため国や大会組織委員会などは補償をどうするか明確にし早い段階で国民に説明が必要」と話している。
今日、5者協議が行われ東京五輪パラリンピックの観客数の上限について決定する見込み。
日本記者クラブ、菅義偉総理大臣、開会式・閉会式を想定したバス輸送訓練(虎屋ビル前)、選手村内覧会(東京・中央区)、東京五輪に参加するウガンダ選手団(大阪・泉佐野市)の映像。
撮影協力:ABCTV。
ジャーナリスト・増田ユリヤ、スローニュース・瀬尾傑代表取締役のスタジオコメント。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.