テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/06/11
BS日テレ 【深層NEWS】
香港「政治弾圧の可能性がある」動き
関連記事
07/29(木)
(BSフジ[プライムニュース])
26日、米国国務省のNo.2・シャーマン国務副長官が、バイデン政権の外交当局高官として初めて中国・天津を訪問。
王毅外相、謝鋒外務次官と会談。
シャーマン国務副長官はオバマ政権下で米朝交渉を担い、北朝鮮問題に精通している事で知られている。
シャーマン国務副長官は日本、韓国、モンゴルを訪問した後に中国に向かっている。
国家基本問題研究所理事長・櫻井よしこは「いつ何があっても本当におかしくない。
臨戦態勢は言い過ぎだが、緊張が凄く高まっていて、何か小さなことで紛争に繋がる危険性を皆心配している」とスタジオコメント。
シャーマン国務副長官は、台湾や東・南シナ海などの問題で米国の懸念を伝える他、サイバー空間を巡る中国の行為、香港民主派弾圧、新疆ウイグル自治区での「ジェノサイド」など人権問題についての懸念を列挙。
「中国との衝突は求めない」と強調。
一方、謝鋒外務次官は「(米中関係が)行き詰まり深刻な困難に直面している」と憂慮を伝えた。
「根本的な原因は米国の一部の人間が中国を『仮想敵』とみなしていることだ」として対中政策の変更を要求。
元防衛相自民党安全保障調査会長・小野寺五典は「中国側のかなりの苛立ちというか、それを感じた。
このタイミングでオースティン国防長官が東南アジアを歴訪している。
ブリンケン国務長官はインドを訪問している」とスタジオコメント。
楊潔チ、中国の核実験、台湾問題、尖閣諸島、ニクソン、韓国、モンゴル、アラスカ、習近平国家主席、二階俊博、立憲民主党、共産党に言及。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.