テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/06/17
TBSテレビ 【ひるおび!】
感染拡大なら五輪中でも「緊急事態」
関連記事
08/01(日)
(フジテレビ[ワイドナショー])
昨日、東京都で確認された新型コロナウイルス新規感染者は4058人で、過去最多を記録した。
一日の全国の感染者数は、1万人を超える日が続いている。
政府は、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府の4府県に対して、緊急事態宣言の発令を決定、期限は8月31日までとし、既に宣言が出ていると東京都と沖縄県の期限を8月31日まで延期することも併せて発表した。
先月30日、菅総理大臣は「今回の宣言が最後となるような覚悟で、政府あげて全力で対策を講じていく」と述べた。
菅総理は、今後の対策について、「若い世代のワクチン接種に注力し、8月下旬には、国民の6割が1回接種を終え、4割が2回接種を終えることを目指す」と説明した一方、東京五輪については、「人流が減少していることは事実。
自宅でテレビ観戦をしてもらう要請もしっかり行っていきたい」と述べ、中止はしない考えを示した。
ナビタスクリニック理事長・久住英二医師が解説。
東野幸治、ウエンツ瑛士、乙武洋匡、菊川怜、ダウンタウン・松本人志のスタジオコメント。
08/01(日)
(フジテレビ[ワイドナショー])
昨日、東京都で確認された新型コロナウイルス新規感染者は4058人で、過去最多を記録した。
一日の全国の感染者数は、1万人を超える日が続いている。
先月30日、菅総理大臣は「若い世代での感染が急拡大している。
このまま感染者の増加が止まらなければ、重症者数もさらに増加し、病床が逼迫する恐れがある。
今回の宣言が最後となるような覚悟で、政府あげて全力で対策を講じていく」と述べた。
政府は、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府の4府県に対して、緊急事態宣言の発令を決定、期限は8月31日までとし、既に宣言が出ていると東京都と沖縄県の期限を8月31日まで延期することも併せて発表した。
菅総理は、今後の対策について、「若い世代のワクチン接種に注力し、8月下旬には、国民の6割が1回接種を終え、4割が2回接種を終えることを目指す」と説明した一方、東京五輪については、「人流が減少していることは事実。
自宅でテレビ観戦をしてもらう要請もしっかり行っていきたい」と述べ、中止はしない考えを示した。
感染を止められなかった場合に辞職する覚悟があるのかについては、菅総理は「感染対策を自分の責任のもとにしっかりと対応することが私の責任で、私はできると思っている」と述べた。
08/01(日)
(NHK総合・東京[日曜討論])
新型コロナウイルスの治療薬をめぐり塩野義製薬が新薬の臨床実験をすすめている。
日本病院会・泉並木副会長は「非常にありがたい。
早く重症化を防ぐ武器がほしいので、期待している」と述べた。
田村憲久 厚労相は国産の治療薬、ワクチンの生産体制の整備について「海外のワクチンであっても国内で生産できるようになっている。
また国力という意味であれば、国産で開発できれば世界に貢献することもできる。
現在開発中の治療薬については、経口薬であることが重要。
初期に飲めばウイルス量を抑えられるし、自宅でも使える」都内で今後1日1万人感染の試算もある中、聖路加国際病院感染管理室・坂本史衣マネージャーは「複数の人が集まってマスクを外す機会を以下に減らすかが大事」日本病院会・泉並木副会長は「国民に危機感を共有してもらいたい。
このままでは助かる命も助からない」東邦大学・館田一博教授は「行政には躊躇せずに強い対策をとってもらいたい」と訴えた。
田村憲久厚労相は「これまで罰則を使わずに納得と共感の中で感染を抑えてきた。
今回は感染力の強い変異株なのでより一段と強い協力をお願いしたい。
なにかあってもいつもの家族と一緒に過ごすように、この夏だけは避けていただきたい」と訴えた。
館田一博教授は「3密やマスク、手洗いだけではなく、換気と人と人との距離を持つことも大事」とコメントした。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.