テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/06/17
TBSテレビ 【ゴゴスマ~GOGO!Smile!~】
速報・感染拡大なら五輪中でも「緊急事態宣言」
関連記事
08/01(日)
(フジテレビ[日曜報道 THE PRIME])
先月22日の神奈川県内での新型コロナウイルス新規感染者数は631人だった。
しかし先週に入り急増、きのうは過去最多の1580人だった。
先月16日に神奈川版緊急事態宣言を発出した黒岩知事は「一都三県がしっかりと国と連携しながら感染拡大防止に取り組んでいきたい」と述べていた。
明日から31日まで神奈川、千葉、埼玉、大阪にも緊急事態宣言が適用される。
神奈川・黒岩知事は「今年はガイドラインを元に海水浴場を開いているところも開いていないところもある。
感染が急増してきたので海水浴場停止とはなかなかできない。
今は感染防止を呼びかけ、飲食店である海の家には酒類の制限をするなど積み重ねるしかない」とスタジオコメント。
江の島・片瀬東浜海水浴場、鎌倉・由比が浜の映像。
(中継)神奈川県庁。
08/01(日)
(TBSテレビ[サンデーモーニング])
新型コロナの全国で初めて1万2千人を超えた。
政府は東京、沖縄に加えて大阪、神奈川など緊急事態宣言の地域に加えた。
東京都の新規感染者はきのう4058人と過去最多。
先刻の感染者数も過去最多の1万2339人。
第3波のピーク2520人を超えた7月27日は2848人に。
SNSで「この1年半であなたが都内で感染する可能性が一番高い」と訴えたのは国際医療福祉大学(公衆衛生学)・和田耕治教授。
いわゆる「オーバーシュート(感染爆発)」が始まったとしている。
27日、菅総理は五輪中止について「抑え込んでいる。
中止はない」と専門家の危機感と大きなギャップとみられる発言。
また東京都の新規感染者が初めて3000人を超えた3177人となった7月28日には無言で記者たちの横を通り過ぎた。
さらに東京都幹部の発言も物議を醸している。
東京都・福祉保険局長・吉村憲彦は医療体制のひっ迫を否定し「いたずらに不安をあおるようなことはしていただきたくない」と発言。
こうした発言に反発するように専門家が次々声を上げている。
東邦大学医学部・館田一博教授「感染者数はこれからしばらくは下がらない。
さらに感染者数が増える。
医療のひっ迫が少しずつ確実に増える」、政府分科会・尾身茂会長は「今までこの1年半のコロナとの対応の中で最も厳しい状況に今いる」と声をあげているが、菅総理は「人流の減少している」と強調。
しかし、和田教授によると人流は確かに減ってはいるものの、今回の宣言の2週間後滞留人口減少率は前回の3回目の宣言の二週間後の40.7%と比較し15.8%減少と減少率が鈍くなっている。
その背景の一つとされているのがオリンピックの開催による人々の気持ちの変化。
競技によっては沿道などが密になる状況もあり、人流がなかなか減らないな中で、医療のひっ迫が始まっている。
東京医科歯科大学付属病院(東京・文京区)のコロナ病棟。
33ある重症・中等症の病床は21床使用され次々、新たな患者が運ばれる状況。
患者21人中50代以下は16人中、デルタ株は11人が確認されている。
政府は30日、緊急事態宣言を東京と沖縄に加え神奈川、埼玉、千葉県の首都3県と大阪府に追加することを決定。
会見で強い危機感を訴える政府分科会・尾身会長。
その横で菅義偉首相は「東京の歓楽街の人流は減りつつある。
さらに人流を減らすことができるよう今後もご自宅でテレビを通じて声援を送ってほしい」とここでも人流は減少していると強調。
そしてワクチン接種に注力する、8月下旬には2回目の接種をすべての国民の4割を超えるよう取り組みと改めてワクチンの注力を示した。
これまでにない感染急拡大にブレーキをかけることはできるのか?衆院・内閣委、首相官邸、東京・渋谷、和田耕治のイッターの映像。
東京医科歯科大学付属病院・具芳明院長補佐のコメント。
東京都の新規感染者数の推移(きのう過去最多の4058人、厚労省の試算)、尾身会長は感染拡大の要因について国民のコロナ疲れ、デルタ株の感染力、人流(夏休み、お盆、五輪)の増加としている。
国際医療福祉大学・感染症学講座主任教授・松本哲哉(日本化学療法学会・理事長)「自宅療養がどんどん増えており、入院待機中が増えている」、毎日新聞論説委員・元村有希子、BS-TBS「報道1930」キャスター編集長・松原耕治、姜尚中のスタジオコメント。
08/01(日)
(テレビ朝日[サンデーLIVE!!])
オリンピック開催中の東京だが、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。
昨日の全国の新規感染者数は1万2143人。
4日連続で過去最多を更新した。
東京都の新規感染者は4058人で初めて4000人を超え過去最多を更新した。
そんな中、懸念されるのが医療提供体制のひっ迫。
昨日、都内の重症の患者は前の日から7人増え95人となった。
病床使用率は、昨日時点で50%を超えている。
全国の陽性率も16.9%と上昇傾向が続いている。
そんな中で明日から緊急事態宣言の地域が拡大される。
拡大されるのは、埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県と大阪で、期限は今月31日まで。
すでに宣言が出ている東京と沖縄も31日まで延長する他、北海道石川、京都、兵庫、福岡にもまん延防止等重点措置が適用される。
総理官邸の映像。
菅総理大臣は「8月下旬には2回の接種を終えた人の割合が全ての国民の4割を超えるよう取り組み、新たな日常を取り戻すよう全力を尽くす」と述べた。
更に、菅総理は40歳以上の臨時接種にアストラゼネカ社のワクチンを使用することが承認されたことを明らかにした。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(全ジャンル)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.