テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/06/21
テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】
イラン・反米強硬派の政権へ・中東情勢への影響は
関連記事
08/03(火)
(NHK総合・東京[ニュース7])
イランでは6月の選挙で当選した、反米保守強硬派のライシ師が大統領に就任した。
イランに制裁を科し続ける米国を非難するとともに、苦境に陥る国内経済の立て直しを進める決意を示した。
ライシ新大統領は欧米に安易に妥協しない立場を示していて今後、どのような対米政策を打ち出すのかが焦点。
テヘランの映像。
08/03(火)
(NHK総合・東京[NHKニュース])
イランでは、6月の選挙で当選した反米保守強硬派のライシ師が大統領に就任し、イランに制裁を科し続ける米国を非難するとともに、苦境に陥る国内経済の立て直しを進める決意を示した。
イランは国際協調路線を取っていたロウハニ前政権の下で、イラン核合意の立て直しに向けて、米国のバイデン政権と交渉を続けてきた。
ただ、最高指導者のハメネイ師は先月、「西側は信頼できない」と述べたほか、ハメネイ師にも近い保守強硬派のライシ新大統領は、欧米に安易に妥協しない立場を示していて今後、どのような対米政策を打ち出すのかが焦点。
イラン・テヘランの映像。
08/03(火)
(NHK総合・東京[おはよう日本])
イランでは6月の大統領選挙で当選した反米保守強硬派のライシがきょう新大統領に就任する。
イラン核合意がどうなるかが注目される。
出川展恒解説委員が「国際協調派のロウハニ現大統領から反米強硬派のライシ新大統領に交代することで、米国との交渉や対話は今まで以上に難しくなる。
ただそれによってロウハニ政権の遺産とも言える核合意が直ちに崩壊に向かうとまでは言えない。
ライシも最高指導者・ハメネイ師も、トランプ前政権が課してきた強力な経済制裁の解除が目標。
核合意が崩壊すると、イランの核開発に歯止めがかからなくなり、敵対するイスラエルも巻き込んでペルシャ湾地域の軍事的緊張が高まる。
EUなどの仲介がとても重要」とスタジオで述べた。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.