テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/08/04
NHK総合 【ニュースウォッチ9】
“自宅療養を基本”方針転換・菅首相「撤回せず丁寧に説明」
関連記事
09/28(火)
(BS1[BSニュース])
今回の第5波では首都圏や沖縄を中心に病床が不足。
自宅療養者は一時全国で計13万人を超えた。
会見で病床の確保が進まなかった要因について問われると、菅首相は「いざという時にすぐに医療チームの体制で病床や人材を確保することが常日頃からそうした体制で取り組んでいないと、なかなか現場は難しいということだった」と述べた。
そして、「ワクチン接種によって社会全体の感染予防効果が高まり、感染者数も大きく減少してきたことで、ようやく社会経済活動の正常化が見えてきた。
新型コロナとの長い闘いにもはっきりとした明かりが見えてきていると申し上げた。
この言葉には数々の批判もあったが、今や効果は明らかであり、明かりは日々輝きを増している。
このように実感をしている」と述べた。
09/28(火)
(BSフジ[プライムニュース])
菅政権の評価について。
共同通信社編集委員兼論説委員・久江雅彦は「菅首相は色々やったと言わざるを得ないと思うが、コロナの死亡者数が1万7000人を超えていて、東日本大震災の死亡者確認が1万7000人弱。
これは大惨事。
去年9月16日の就任会見の時には来年前半に全国民にワクチンを行き渡らせると言った。
それが3ヵ月遅れた。
1月半ばに最初に中国籍の人が日本で出て、2月にダイヤモンドプリンセスに釘付けになっている時に、武漢や中国などから入国禁止があったが成田や関空から7月くらいまで順次閉めているので入っていた。
最近は自宅療養という名の自宅放置。
今は少なくなっているから菅首相のきょうの記者会見をご苦労様的に受け取る人もいるが、勘違いしてはいけないのはこの1年半の間で総裁選も含めて何が問題だったのか。
どうやったらその問題を乗り越えられるのか、4人の候補者は国民に陳謝していないし詫びてもいない」とスタジオコメント。
PCR検査に言及。
09/28(火)
(BSフジ[プライムニュース])
立憲民主党・福山哲郎幹事長は「自公政権は菅首相の下、感染対策は後手後手に回り、この状況で国民生活は大きく傷つき、また多くの事業者が困難に直面している」と述べ、宣言解除後も飲食店などへの支援を続けるよう求めた。
また、共産党・志位委員長は「自宅療養中に多くの犠牲が出たのはまさに人災」と指摘し、「失政の責任を一切認めなかった」などと菅首相を批判。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.