テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/09/16
NHK総合 【ニュース・気象情報】
初めて映像公開・北朝鮮“列車からミサイル発射”

Globali 海外メディア
岸田新首相、中国情勢で日米緊密連携
ベトナム国慶節;中国・北朝鮮・ロシア・キューバ等の首脳からベトナム首脳宛に祝電【ベトナムメディア】
北朝鮮:国際原子力機関は北朝鮮がプルトニウム製造用原子炉の再稼働を報告
北朝鮮が若者世代の取り締まり強化
中国と北朝鮮は友好条約60周年記念日に際し、両国の関係強化を発表
関連記事
10/24(日)
(BS1[BSニュース])
米国政府で北朝鮮問題を担当するソンキム特別代表はきょう、訪問先のソウルで韓国のノギュドク朝鮮半島平和交渉本部長と会談した。
ソンキム特別代表は北朝鮮について「挑発行為をやめて対話に臨むように求める」と述べて、対話の再開に向けて韓国政府と連携していく考えを示した。
ノ本部長は「朝鮮戦争の終戦宣言について深く協議した」と述べた上で、人道支援を含めた北朝鮮に関与していくためのさまざまな方法について意見を交わしたとしている。
北朝鮮はこれまでのところ対話に応じる姿勢を示していない。
朝鮮中央テレビの映像。
10/24(日)
(NHK総合・東京[衆院選特集])
衆院選の選挙戦の論点の1つに「敵基地攻撃能力」がある。
共産党の志位委員長は「北朝鮮の弾道ミサイル発射は安保理決議違反なので厳しく糾弾されるべき。
しかし、敵基地攻撃という軍事対軍事へのエスカレーションにつながら行為は反対だ。
この問題の解決は外交的解決しかない」国民民主党の玉木代表は「議論はあっていいと思うが、現実的に可能なのか。
米国との関係の中でどういう役割分担をするのか。
極超音速ミサイルの場合おそらく迎撃不能となる。
その場合どうミサイル管理をするのか、様々なことを考えないといけない」日本維新の会の松井代表は「外交の舞台で話をするために力が必要。
日本の防衛費についても相応の強化をすべき」公明党の山口代表は「敵基地攻撃能力が議論を開始されたのは1951年。
その時以来理論的に肯定しても現実の防衛装備としては取らないという方針で70年やってきた。
日米安保の中で今日的なあり方についてしっかり議論すべき」立憲民主党の枝野代表は「発射点が移動性になってしまった今、技術的に現実性は低くなっている。
従来から盾と矛の役割分担をしっかり行うのが現実的だ」岸田総裁は「ミサイル技術は日々進化している。
政治の責任として国民をどう守れるかを考えなければいけない。
敵基地攻撃能力についても日々議論は進化している。
基本的な方針の中で議論するところから考えないといけない」とそれぞれ主張した。
10/24(日)
(NHK総合・東京[衆院選特集])
衆議院選挙の投開票まで1週間、選挙戦後半に向け各党の訴えは熱を帯びている。
争点となる新型コロナ対策、感染の再拡大や医療崩壊を防ぐための対策の強化は?相次ぐ北朝鮮によるミサイル発射、米中対立の中で日本の外交、安全保障は。
各党はどんな社会を目指すのか。
画像提供・国立感染症研究所。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.