テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/09/28
フジテレビ 【バイキングMORE】
<Buzzニュースランキング>3位・北朝鮮が弾道ミサイル発射か?その直後に国連総会で演説

Globali 海外メディア
岸田新首相、中国情勢で日米緊密連携
ベトナム国慶節;中国・北朝鮮・ロシア・キューバ等の首脳からベトナム首脳宛に祝電【ベトナムメディア】
北朝鮮:国際原子力機関は北朝鮮がプルトニウム製造用原子炉の再稼働を報告
北朝鮮が若者世代の取り締まり強化
中国と北朝鮮は友好条約60周年記念日に際し、両国の関係強化を発表
関連記事
10/23(土)
(日本テレビ[ウェークアップ])
今週、朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」に掲載された写真、新型のSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験を行い、成功したと伝えた。
さらに北朝鮮メディアは多くの進化した誘導技術が導入されたことを明らかにした。
今回のミサイルの特徴について、東京大学先端科学技術研究センター・小泉悠特任助教は「軌道を複雑に変えながら落ちてくる」とコメント。
そのSLBMはおととしを最後に発射は確認されていなかったが、今回発射されたミサイルによく似たものが今月朝鮮中央テレビで放送されていた。
11日、金正恩総書記出席のもと、行われた兵器の展覧会、小型のミサイルが展示されていた。
今回公開された写真と比べると形状や塗装がよく似ている。
10/23(土)
(日本テレビ[ウェークアップ])
列車を使った弾道ミサイル、極超音速ミサイル、地対空ミサイル、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイル、相次いでミサイルを発射している北朝鮮、その狙いとは。
東京大学先端科学技術研究センター・小泉悠特任助教は「より高度なものを作ろうとしている」とコメント。
10/23(土)
(BS1[週刊ワールドニュース])
10月20日放送。
19日午前10時17分ごろ、北朝鮮・シンポの東の海上から東の海に向けてSLBMと推定されるミサイルが発射されたと合同参謀本部が発表した。
シンポは北朝鮮がSLBMを搭載する潜水艦を建造しているところ。
飛翔体の高度は60キロ、飛行距離は590キロとされているが従来のSLBMより射程距離が短いもので最近、北朝鮮が公開した小型SLBMの可能性がある。
軍事専門家は以前の北極星1型、3型より高度が低く新型小型SLBMと推定される。
奇襲攻撃が可能な兵器だと話した。
北朝鮮のミサイル発射は今年に入って8回目となる。
今年の初め党大会で発表した国防強化5か年計画に基づいて新型兵器の開発を進め韓国や米国に圧力をかけたい思惑があるとみられる。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.