テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
2021/10/19
TBSテレビ 【ひるおび!】
最新・北朝鮮・日本海に飛翔体・弾道ミサイル2発発射か

Globali 海外メディア
欧米メディア;日本の今年度防衛予算が総額6兆円超えと報道
岸田新首相、中国情勢で日米緊密連携
ベトナム国慶節;中国・北朝鮮・ロシア・キューバ等の首脳からベトナム首脳宛に祝電【ベトナムメディア】
北朝鮮:国際原子力機関は北朝鮮がプルトニウム製造用原子炉の再稼働を報告
北朝鮮が若者世代の取り締まり強化
関連記事
12/03(金)
(BS1[国際報道2021])
岩田明子解説委員が解説。
9月以降、弾道ミサイルの発射実験を繰り返すなど、核・ミサイル開発を進めていく姿勢を強調している北朝鮮。
日本政府はどう対応していくのか、岸田政権の北朝鮮政策について考える。
北朝鮮と対話に向けては、今、韓国、そして米国に働きかけているが、日本政府は北朝鮮との対話にはどう向きあっていくつもりなのか。
日本政府は北朝鮮との交渉に向けて、米国や中国などからも外交ルートで情報収集をしている。
米国はバイデン政権になってからこれまで7回、北朝鮮に対話を呼びかけたものの反応はないそうで、韓国側も対話を呼びかけているが、返答らしい返答はないという。
その一方で日本政府が懸念しているのは、北朝鮮がウラン濃縮工場を拡張したり、9月以降、変則軌道の弾道ミサイルや極超音速ミサイルなどの発射実験に臨むなど、挑発行為を続けていること。
そうした中で、今後も韓国などからの支援を促すなど「硬軟織り交ぜたメッセージで各国に揺さぶりをかけてくるのではないか」と分析している。
北朝鮮の状況を慎重に見極めながら、制裁の誠実な履行と関係国の連携を堅持するため、日本がどこまで有効な働きかけができるのか、まさに分析力と外交力が求められる。
12/03(金)
(BS1[国際報道2021])
岩田明子解説委員が解説。
9月以降、弾道ミサイルの発射実験を繰り返すなど、核・ミサイル開発を進めていく姿勢を強調している北朝鮮。
日本政府はどう対応していくのか、岸田政権の北朝鮮政策について考える。
金正恩総書記は以前の写真と比べて、今回、顔、体格が若干変わったように見られるが、注目されてきた健康面について、日本政府はどう分析しているのか。
金正恩総書記のやつれた姿は6月、党中央委員会の総会などで食料問題を議論した後、初めて報じられ、日本政府も注視していた。
日本政府は、人民のために苦労してやつれたと発信することで「人民のために奮闘する指導者像をアピールし、食糧難や経済難に対する不満をかわす狙いがあった」とみている。
ただ、外見上、痩せた点以外に特筆すべき点がなかったこともあって、「宣伝効果も意識して意図的に減量した可能性もある」とみていて、「健康上の問題を思わせる変化はない」という評価。
一方で1年もの間、地方訪問を控えていた背景としては、「コロナの感染拡大への警戒心の表れではないか」ともみている。
平壌、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の映像。
12/03(金)
(BS1[国際報道2021])
岩田明子解説委員が解説。
9月以降、弾道ミサイルの発射実験を繰り返すなど、核・ミサイル開発を進めていく姿勢を強調している北朝鮮。
日本政府はどう対応していくのか、岸田政権の北朝鮮政策について考える。
来週6日に臨時国会が召集されるが、岸田総理大臣はこの所信表明演説で、北朝鮮政策についてはどう話すつもりなのか。
岸田総理大臣は10月の所信表明に続いて、今回も「拉致問題は最重要課題として、条件をつけずに金正恩総書記と直接向きあい、日朝国交正常化の実現を目指す」との決意を示す方針。
その日朝首脳会談の実現を目指す上で、日本政府は今、どう動いているのか。
日本政府としては北朝鮮との対話を進める上で、金正恩総書記の動向を詳しく分析している。
先月16日に北朝鮮の公式メディアが、金正恩総書記の地方視察について報じた。
金正恩総書記の動静が伝えられたのは、およそ1か月ぶりで、地方への視察となると、およそ1年ぶりになる。
国連による経済制裁や新型コロナの感染対策で経済が打撃を受ける中、「地方都市を訪れることで国内の結束を図り、求心力を高める狙いがある」と日本政府は分析している。
朝鮮中央テレビ、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の映像。

テレビえんすぽ テレビプレス テレビすべて

関連ページ
いま政治は
いま海外は
気になる話題
特集ページ
注目番組(情報・ワイドショー)
注目パーソン(政治、経済、社会)

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.