テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる出来事】
施設で何が?「ビデオ開示して」・入管法改正案…成立は断念] (16件/週)

入管法改正案 今国会での成立を見送りへ 政府与党(2021年5月18日)(再生)

05/18 18:02 日本テレビ 【news every.】
入管施設に収容されていたスリランカ人の女性が死亡した問題。
遺族が国会を訪れ、死亡の経緯を明らかにするよう訴えた。
入管法改正案の成立を断念することに決めた。
与野党幹事長会談、参院・法務委の映像。
自民党・森山国対委員長、立憲民主党・真山勇一、出入国管理庁・松本裕のコメント。

05/18 17:53 TBSテレビ 【Nスタ】
今日、廃案となる見通しとなった入管難民法改正案。
国会での審議に大きな影響を与えたのが、名古屋入管に収容されていたスリランカ人女性の死が明らかになったことだった。
日本の子供たちに英語を教えたいと、4年前に来日した女性。
日本語学校に通っていたが学費を払えなくなり退学。
ビザを失効したため、スリランカに帰国したいと入管に出頭し、去年8月から収容されていた。
しかし女性は今年1月ごろから吐き気や食欲不振などの体調不良を訴え、3月に亡くなった。
女性の治療が適切になされていたのか、遺族は入管の対応に疑問を持っていた。
そして女性の死後、収容施設の実態が次々と明らかになった。
JNNが入手した医師の診療記録には「薬を内服できないのであれば点滴、入院」と記されているが、支援者によると、一度も点滴を受けることはなかったという。
更に亡くなる2日前に女性を診察した医師が、入管に報告した書類には「患者が仮釈放を望んで心身に不調を呈しているなら、仮釈放してあげれば良くなることが期待できる」とある。
またこうした事実は入管庁が作成した中間報告書には記載されていなかった。
入管法の改正案の行方に不安を持っていた人もいる。
ミャンマー人の男性は、少数派のイスラム教徒・ロヒンギャで長年迫害を受けていたため、約20年前に日本に逃れてきた。
既に3回難民申請していて、改正案が通れば強制送還の対象となる可能性があった。
スリランカ人女性の母親、立憲民主党・寺田学衆院議員、出入国在留管理庁・松本裕次長、スリランカ人女性の妹、ミャンマー人の男性のコメント。
医師の診療記録、衆院法務委員会、ミャンマー・ヤンゴンの映像。

05/18 17:49 TBSテレビ 【Nスタ】
入管難民法の改正案が、一転、廃案となる見通しになった。
事態が大きく動いたのは、昼過ぎに開かれた与野党の幹事長会談。
与党側は今の国会での成立を断念する意向を伝えた。
外国人の長期収容の問題を解決するとして、国会に提出された入管法の改正案。
現状では難民認定の申請中、送還は停止されるが、改正案では3回目の申請以降、強制退去の対象となる点などが問題視されていた。
更に入管の施設でスリランカ人の女性が死亡したことが判明すると、野党側は「真相究明が先だ」と態度を硬化させていった。
与野党幹事長会談、入管の収容施設の映像。
立憲民主党・福山哲郎幹事長、出井博文弁護士のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.