テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる出来事】
男性が現金6000万円持参寄付・手紙に“小学1年から貯めた金”] (9件/週)

匿名男性 現金6000万円を横須賀市に寄付 「小学1年生からの貯金」(再生)

“小1から貯金”6000万円寄付 名乗らず立ち去る(2021年5月18日)(再生)

05/18 18:46 フジテレビ 【イット!】
テーブルに積まれた6つの札束は、現金1000万円×6=6000万円。
現金6000万円が、神奈川県横須賀市役所に寄付された。
神奈川県横須賀市役所・秘書課・小林靖典主査は「本当にびっくりしました。
こんなことが本当にあるんだなと信じられない気持ちでした」と話す。
市役所の職員も驚いた大金の寄付。
その主は、きのう午後2時すぎに横須賀市役所に現れた70代から80代とみられる男性だった。
横須賀市役所・秘書課・小林靖典主査は「『このリュックサックごと渡したい』ということでお申し出があったので、秘書課の職員として私がお預かりしますということで」と話す。
男性は「リュックサックの中に入った手紙を市長に渡してほしい」などと話して市の職員にリュックサックを渡すと、その場を後にした。
ずっしりとした重さのリュック。
それもそのはず、横須賀市役所・秘書課・小林靖典主査は「中には現金で1万円札が6000枚、6000万円分入っていました」と話す。
現金6000万円に添えられていた手紙には、「何かの役に立ててください。
寄付します」とあった他、どういうお金なのかが書かれていた。
横須賀市役所・秘書課・小林靖典主査は「小学校1年生の頃から貯められていた貯金だということが書いてありました」と話す。
小学生の頃から貯めていたという6000万円を市はどう使うのか、横須賀市役所・秘書課・小林靖典主査は「暗いニュースが多い中ですけども、こういった明るいニュースで市民が元気づけられますので、これからも市としてコロナ対策や様々なことに貢献していけたらと思っています」と話す。
横須賀市民も「こういう世の中なので、コロナに関係することとか、医療に使ってくれたりすれば」「医療とか、あとは仕事なくした方とか、そちらに用立てていただければいいかな」と話していて、誰かの役に立つ使い道を望んでいる。
神奈川・横浜市役所、取材に基づくイメージの映像。
提供:神奈川・横須賀市。

05/18 18:15 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
きのうリュックサックを背負って横須賀市役所を訪れた男性。
秘書課の職員に「市長に手紙を渡したい」と告げた。
男性からリュックを預かった主査。
部屋に戻り中をチェックすると現金6000万円が入っていた。
男性を追いかけたが姿はなかった。
現金とともに添えられていた手紙には「小学校1年生から始めた貯金です。
寄付します」と書かれていた。
横須賀市は現金を寄付金として扱うことを決めた。
上地克明市長は「感謝の気持ちで言葉にならない」とコメントしている。
横須賀市市長室秘書課・小林靖典主査のコメント。
写真提供:横須賀市。

05/18 17:37 TBSテレビ 【Nスタ】
昨日午後、横須賀市役所を訪れた70~80代とみられる男性が「市長に渡したい手紙がある。
リュックサック全部が手紙です」と告げると、名乗ることもなく市役所を後にした。
ところがそのリュックの中には、なんと現金6000万円が入っていた。
更にリュックを確認すると、現金とともに一通の手紙が入っていた。
「小学校1年生から始めた貯金です。
何かの役に立ててください。
寄付します」と書かれていた。
その手紙を読んだ途端男性を追いかけた。
匿名で寄付された6000万円の使いみちは。
神奈川・横須賀市役所の映像。
横須賀市・市長室秘書課・小林靖典主査のコメント。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.