テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【気になる出来事】
地下駐車場5人死傷事故・天井板張り替え中に誤作動か] (5件/週)

04/16 15:52 フジテレビ 【イット!】
昨日午後5時ごろ東京・新宿区下落合のマンションの地下1階駐車場で消火設備が誤作動した事故では、4人の作業員が死亡し、男性作業員1人が意識不明の重体。
5人は昨日朝から古くなった天井板の張り替え作業をしていて、天井の消火設備に誤って接触し誤作動した可能性が高いことが新たに分かった。
二酸化炭素消火設備は燃料の入った車が止まる地下駐車場などに設置されていて、東京消防庁は工事の際に消防設備士などの立ち会いを推奨しているが、事故当時は立ち会っていなかった。

04/16 13:58 BSフジ 【BSフジニュース】
昨日午後5時頃、東京都新宿区下落合のマンションの地下1階駐車場で消火設備が誤作動し、作業員の男性4人が死亡し、男性作業員1人が意識不明の重体になっている。
5人は昨日朝から古くなった天井板の張り替え作業をしていて、天井の消火設備に誤って接触したことで、誤作動を引き起こした可能性が高いことが新たに分かった。
二酸化炭素消火設備は燃料の入った車が止まる地下駐車場などに設置されていて、東京消防庁は工事の際に消防設備士などの立ち会いを推奨しているが、事故当時の立ち会いはなかったとのこと。

04/16 13:41 フジテレビ 【バイキングMORE】
きのう午後5時ごろ東京・新宿区のマンションで「二酸化炭素の消火設備が誤作動した」と通報。
東京都新宿区下落合のマンションの地下1階駐車場で6人が閉じ込められ1人が自力で脱出。
作業員の男性4人が死亡し、男性作業員1人が意識不明の重体。
天井板の張り替え作業をしていてが突然消火設備が作動。
シャッターが閉まり二酸化炭素が充満。
ある施設での実験映像を紹介。
火災を検知をすると装置が作動し密閉空間を作り酸素濃度を低下させることによって火を消す仕組み。
元東京消防庁・麻布消防署署長・坂口隆夫は「二酸化炭素濃度が20%以上だと20分から30分で死亡する」。
東京消防庁によると、地下駐車場の二酸化炭素濃度は21%、通常の数百倍だったという。
調べによると、作業員が天井の消火設備に誤って接触し誤作動した可能性が高いことが新たに分かった。
事故現場にはこうした工事の際に東京消防庁が立ち合いを推奨している消防設備士がいなかったという。
映像:中区危険物安全協会・名古屋市中消防署。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.