テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
バイデン大統領] (112件/週)

岸田総理 初外遊へ 英国でのCOP26出席で最終調整(2021年10月25日)(再生)

10/26 12:45 BS1 【ワールドニュース】
イスラエル政府は、ヨルダン川西岸の占領地区で新たに住宅1300棟余りの建設を進めている。
パレスチナ国家一部の樹立を目指すパレスチナ人は、国際社会に建設に反対するよう呼びかけている。
米国・バイデン大統領就任以来初めて、イスラエルは建設を始めた。

10/26 12:33 BS1 【ワールドニュース】
バイデン大統領肝煎りの歳出歳入関連法案について、民主党内で調整が続いている。
大統領は、28日のヨーロッパ訪問前に合意に至るよう、民主党議員に呼びかけている。
自らの外交政策をアピールするため。
議員は「週末までに合意の枠組みはできる予定」と述べた。

10/26 12:19 テレビ朝日 【大下容子ワイド!スクランブル】
“脱中国”へ(!?)インド太平洋で存在感高めるフランス。
今月上旬、フランス議員団が台湾を“国”と表現し、さらに中国を批判。
中国はフランスの台湾訪問に激しく反発。
台湾訪問計画寺、パリ駐在の中国大使が抗議の書簡を送付。
一方、インド太平洋ではフランスの存在感が高まる。
先月17日~、海上自衛隊とフランス軍が二国間訓練。
今月12日、情報収集艦を台湾海峡に送る。
米国やオーストラリアとも関係修復の動き。
フランスは当初オーストラリアと潜水艦の共同開発を計画。
しかしオーストラリアが「AUKUS」創設時に米国と英国からの原子力潜水艦導入支援を決定。
フランス政府は米国とオーストラリアに激しい怒りを示していた。
その後先月22日、フランス・マクロン大統領と米国・バイデン大統領の電話会談でバイデン大統領が非を認める。
抗議として呼び戻していた駐米大使を帰任させる。
SNSに言及。
フランス・リシャール元国防相、中国外務省・趙立堅報道官のコメント紹介。

10/26 11:39 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
1971年10月25日、国連の中国の代表権が台湾の国民党政権から中国の共産党政権に移った。
これを記念する会合で習近平国家主席は国連への貢献を強調する一方で「国際ルールが一部の国やグループで決めることはできない」と述べ、米国を念頭に同盟国や友好国と新たな枠組みを作る動きをけん制した。
このところ中国と台湾の緊張が高まっている。
最近、中国軍機が台湾の防空識別圏に繰り返し侵入したと発表。
米国国務省は台湾とオンライン形式の当局者協議を22日に開き台湾の国連へ有意義な参加を支持するための議論をしたと発表した。
バイデン大統領の映像。

10/26 11:13 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
前のトランプ大統領は2017年を最後にASEANとの首脳会議に出席することはなく「米国はアジアへの関与が消極的だと失望感が広がっていた。
ロイター通信によるとバイデン大統領は初めてASEAN首脳会議に出席する予定で米国、英国、オーストラリアによる新たな安全保障の枠組み「AUKUS」のついて説明するとみられる。
ASEAN加盟国からはAUKUSについて懸念の声があがっていた。

10/26 11:09 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
ASEAN(東南アジア諸国連合)と日本、米国、中国などが参加する一連の首脳会議がきょうから始まる。
このうち、ASEAN加盟国の首脳会議には加盟国のミャンマーの軍トップ、ミンアウンライン司令官を招かない異例の措置が取られた。
ミャンマー軍は反発している。
25日、ブルネイの国王が2021年ASEAN(東南アジア諸国連合)サミットの開幕を宣言。
ブルネイがホストを務めオンラインで開催され加盟国間の実質協議は26日と27日に行われる。
4月にインドネシアで開催された先の緊急首脳会議で策定されたミャンマーの安定回復のための5項目の緊急対策をミャンマー軍は守っていないとASEANが認定したため。
サミットには米国・バイデン大統領を始め、中国、ロシア、オーストラリア、カナダ、英国の首脳も参加する。
アウンサンスーチーに言及。

10/26 08:56 BS1 【BSニュース】
ASEAN(東南アジア諸国連合)と日本、米国、中国などが参加する一連の首脳会議がきょうから始まり、クーデター以降混迷を含めるミャンマー情勢や中国が海洋進出の動きを強める南シナ海の問題について意見が交わされる見通し。
今回ASEANはクーデターで実権を握った軍のトップを招かない異例の措置を取ったのに対して、ミャンマー軍は代わりに招かれた外務省高官の出席には応じられないとして欠席する可能性を示唆している。
初日の今日は軍と民主派勢力の対話を仲介する特使派遣など平和的な解決を探る議論が行われる。
あすにはオーストラリアやインド、ロシアなども加えた18カ国が参加する東アジアサミットが予定されている。
米国と中国が地域への影響力拡大とASEAN各国の取り込みをねらってせめぎ合うことが予想される。
バイデン大統領の映像。

10/26 08:39 BS1 【キャッチ!世界のトップニュース】
1971年10月25日、国連の中国の代表権が台湾の国民党政権から中国の共産党政権に移った。
これを記念する会合で習近平国家主席は国連への貢献を強調する一方で「国際ルールが一部の国やグループで決めることはできない」と述べ、米国を念頭に同盟国や友好国と新たな枠組みを作る動きをけん制した。
このところ中国と台湾の緊張が高まっている。
最近、中国軍機が台湾の防空識別圏に繰り返し侵入したと発表。
米国国務省は台湾とオンライン形式の当局者協議を22日に開き台湾の国連へ有意義な参加を支持するための議論をしたと発表した。
バイデン大統領の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.