テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【いま海外は】
トランプ前大統領] (13件/週)

07/27 20:25 BS-TBS 【報道1930】
今月20日、米国議会上院公聴会で激論を交わしたのは、トランプ前大統領に近い存在として知られる共和党・ランドポール上院議員とバイデン政権で首席医療顧問を務めるアンソニーファウチ。
ポール議員は、ファウチが関わる国立衛生研究所が武漢ウイルス研究所に資金を提供していたことについて、ファウチの責任を追及。
ファウチは、資金の提供は認めるも自らの責任を否定。
しかしポール議員は、武漢ウイルス研究所の学者らによる論文に言及しながら、「機能獲得と呼ばれる研究が行われていた」としてファウチを追求。
機能獲得とは、より効果的な治療法やワクチンを開発するために、ウイルスの遺伝子操作をすることで、感染力や毒性強化などの実験を含む。
ポール議員はコロナウイルスが人に感染しやすくなる機能獲得が行われたとみている。
ファウチは、武漢の研究所が実験で扱っていたコロナウイルスは、パンデミックを起こした新型コロナウイルスとは全くの別物と反論。
米国議会上院公聴会、中国・武漢ウイルス研究所の映像。

07/27 20:11 BS-TBS 【報道1930】
神田外語大学教授・興梠一郎は、「面白いのは、彼らは一度ネット上から削除された論文なんかを見つけてくる、かなりウイルス研究所関連の論文が削除されている、当時は大丈夫だったものがいま読むとこれはというものが次から次へと出てきている、それも研究所の関係者が堂々と発表したものが多い」とコメント。
東洋学園大学教授・朱建栄は、「何よりも今回ファウチが6月21日テレビで、コロナウイルス最もの可能性があるのは、人間が動物からの接触で、それが実験室からの流出というのはあり得ない、この問題はすでに政治化されている」とスタジオコメント。
神田外語大学教授・興梠一郎は、「ことごとく出してくれというものを出さないから、どんどん疑惑が深まる」とコメント。
中国・武漢、WHO・テドロス事務局長、中国・天津、中国・王毅外相、米国・シャーマン国務副長官の映像。
インド、石正麗、ノースカロライナ大学・ラリフバリック、ハーバードメディカルスクール、トランプ前大統領、バイデン大統領、フィンランド、ポルトガルに言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.