テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【注目パーソン】
尾身茂]まとめ (65件/週)

01/28 17:50 テレビ朝日 【スーパーJチャンネル】
新型コロナウイルス。
東京都では4日連続過去最多、1万7631人の感染を確認。
病床使用率は46.1%。
小池知事が「緊急事態宣言の要請を検討する」とした50%が目前に迫っている。
小池百合子知事は会見で「基本的対処方針に緊急事態宣言発出の考え方、国としての考え方を明示していただきたいと要望した」、新型コロナ担当・山際大志郎大臣は「重症者数、東京都の基準でいうと18人、それも緊急事態宣言に移行するかしないかという時に大変重要な指標」と述べた。
大阪府でも初めて1万人を超え、1万13人の新規感染者を確認。
衆議院予算委員会で新型コロナ分科会・尾身茂会長は「予断は許さない」と述べた。
沖縄県、広島県、山口県ではまん延防止等重点措置期間に入って20日目。
堀内ワクチン担当大臣は「来月後半から子ども向けワクチンの配送を始める」と発表。
対象となる5~11歳は約740万人いるが、厚生労働省ワクチン分科会は接種を強く推奨する努力義務を課すかどうか、結論を先送り。
自衛隊の大規模接種東京会場はきょうから予約が始まる。
ファイザーについて言及あり。
沖縄・那覇市、東京・大手町の映像。

01/28 17:50 TBSテレビ 【Nスタ】
東京で今日新たに新型コロナの感染者が1万7631人発表された。
昨日よりも1000人あまり増え、4日連続で過去最多を更新した。
病床使用率は46.1%で、都が緊急事態宣言の要請を検討する50%に迫っている。
小池知事は緊急事態宣言について、国に対し「宣言を出す際の基準や方針を示してほしいと要望した」と明らかにした。
急拡大するオミクロン株。
大阪では初めて1万人を超えるなど、全国で今日これまでに発表された感染者は7万人を超えている。
東京・渋谷、衆院予算委員会の映像。
東京都・小池百合子知事、新型コロナ対策分科会・尾身茂会長のコメント。
提供:国立感染症研究所。

01/27 21:08 BS11 【報道ライブ インサイドOUT】
オミクロン株による新型コロナ感染の急拡大が止まらない。
昨日は、1日あたりの新規感染者数が、ついに全国で7万人を超えた。
また23日までの1週間の救急搬送困難事案が4950件と過去最多に。
今週開かれている衆議院の予算委員会では、コロナ対応に困惑する政府の姿がうかがえる場面もあった。
先週19日には、ステイホームは必要ないと発言していた政府分科会の尾身会長だが、路線転換。
立憲民主党の長妻議員が、まん延防止下の国民の行動について質問をすると、コロナ担当の山際経済再生担当相は、ケースバイケースと答えた。
コロナ禍となって2年が経っても、最終的判断は未だ国民任せなのかさらに、今国会は、コロナ対策以外にも課題が山積している。
国権の最高機関である国会で国民のための与野党論戦はされているのか。
どんな議論が求めれているのか考える。
「オミクロン禍の通常国会!予算委員会での与野党論戦」。
資料・全国・新規感染者数。
尾身茂分科会会長、立憲民主党・長妻昭議員のコメント。
衆院予算会の映像。

01/26 20:40 BS-TBS 【報道1930】
コロナ分科会の専門家が「感染症の専門家でもオミクロン株の対応をどうすればいいのか意見が固まっていないのがいまの問題点。
データが乏しく、緩和には慎重な専門家もいるし、積極的な専門家もいる」と発言。
大阪府病院協会会長・佐々木洋が「オミクロンを甘く見るな」、国際医療福祉大学主任教授・松本哲哉が「ここまできているので危機感を持つべき。
これ以上増えたら社会機能がかなり影響を受ける。
国、自治体のトップはもっと危機感を持ってこの状況を脱出しなければならない、早めに改善しなければいけないと強い策をとることをやれば少し人の行動が変わるかもしれない」などコメント。
前コロナ対策担当大臣・西村康稔が「マスクを外す瞬間がリスクが高い。
不織布マスクをしっかりつけて対応する。
飲食の場は要注意」などスタジオコメント。
まん延防止等重点措置、緊急事態宣言、高齢者、政府分科会・尾身茂会長、換気、スーパーコンピューター、クリスマス、成人式、メール、モデルナ、ファイザーについて言及あり。
岸田総理大臣、東京・渋谷区の映像。
画像提供:国立感染症研究所。
(中継)大阪。

01/26 20:28 BS-TBS 【報道1930】
新型コロナのオミクロン株への対応。
政府分科会・尾身茂会長は「人流抑制ではなく人数制限」と発言。
国の方針は「人流や人との接触機会の削減が重要」。
東京都・小池知事は不要不急の外出自粛を求めている。
自民党新型コロナ対策本部で西村康稔前コロナ対策担当大臣は「国、専門家、都道府県がワンボイスで発信することが重要」と苦言を呈した。
政府のコロナ対策分科会が去年11月から開かれていないことについて、専門家らは「政府のコロナ分科会を開いて具体的な問題を定期的に議論したほうがいい」としている。
西村前大臣、堤伸輔が「政府と専門家の間の信頼関係が損なわれ始めているのではないか。
尾身会長が言葉が滑りすぎているのではないか。
例えの仕方が乱暴」などスタジオコメント。
電話、押谷仁、脇田隆字、新宿区長、豊島区長、沖縄県、渋谷について言及あり。
岸田総理大臣、基本的対処方針分科会の映像。
写真:西村衆議院議員のブログより。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.