テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【注目パーソン】
岸博幸]まとめ (4件/週)

08/19 15:03 日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
先ほど小池都知事は「都立学校において都と県をまたぐ修学旅行などについては中止または延期」と言及した。
岸博幸のスタジオコメント。

08/19 14:47 日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
神奈川県は、入院先が見つかるまで酸素投与を行う施設・酸素ステーションを設置。
神奈川県医療危機対策統括官・阿南英明医師(神奈川県の“コロナ対策”指揮を執る、厚生労働省の専門家会議メンバー)、長崎大学大学院教授・日本ワクチン学会・日本ウイルス学会理事・森内浩幸が、病床が逼迫する中で有効な対策、現在流行しているウイルスと対峙する方法について生解説。
酸素ステーションは、入院先が見つかるまで酸素投与を行う施設で、阿南医師が発案。
かながわ緊急酸素投与センター(神奈川・横浜市)は、今月7日から運用。
東京は、渋谷・旧「こどもの城」に来週中に開設予定。
酸素ステーションについて、菅首相は「こうした体制をこれから速やかに構築する」と述べた。
阿南医師によると、時間稼ぎのつなぎの医療で、今の問題は解決しない。
日本医師会は、大規模イベント会場・体育館・ドーム型の運動施設への医療施設を提案。
日本医師会・中川俊男会長は「改正特措法に基づく臨時の医療施設として集中的に医療を提供する場所を確保することを提案する」とコメント。
医療が逼迫する今すべきことについて、阿南医師は「現緊急事態宣言は、人との接触を断つことがほとんど行われていない。
誰も会社に行かず、街に人がおらず、電車には誰も載ってこない期間を作り、感染を減少させることが必要」と提言。
東京・品川駅の映像。
(中継)神奈川県庁。
慶應義塾大学大学院教授・岸博幸(元経済産業省)は「菅首相は、在宅療養のケアの役目と言う認識」、政治評論家・杉村太蔵は「学校での感染が増えるのが心配。
1回目の宣言で休校したことは、若者に危機感が伝わったのでは」とスタジオコメント。
濃縮、充実、地震、安部に言及。

08/19 14:22 日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
きのうの全国の新型コロナ新規感染者は、過去最多の2万3917人。
多くの府県で過去最多を更新。
神奈川県医療危機対策統括官・阿南英明医師(神奈川県の“コロナ対策”指揮を執る、厚生労働省の専門家会議メンバー)、長崎大学大学院教授・日本ワクチン学会・日本ウイルス学会理事・森内浩幸が、病床が逼迫する中で有効な対策、現在流行しているウイルスと対峙する方法について生解説。
京都大学・西村教授らによる東京の重症者の推計では、実効再生産数が現在の3割減でも今月下旬に確保している重症病床数を上回り、10月上旬まで病床が埋まり足りない状態が続く。
東京の今月9日~15日の緊急搬送事案は、過去最多の3361人、うちコロナ疑いは1679件。
感染拡大の打開策はワクチン。
東京は、渋谷駅周辺に若者専用の接種会場を設ける。
対象は20代~30代。
1回目は予約なし、2回目は予約を受け付ける。
ファイザー製を使用。
東京都・小池知事は「感染が拡大している若者世代に、いち早くワクチンを浸透させる」とコメント。
大阪は、ワクチンの効果を分析。
ワクチン2回接種者の陽性者317人中、重症者・死者は0人。
(中継)神奈川県庁。
慶應義塾大学大学院教授・岸博幸は「今は経済より感染防止。
病床をもっと増やす必要がある」、政治評論家・杉村太蔵は「外に出ている人に危機感を伝えるのは難しい」、優木まおみは「ワクチンを最後の砦にしてもいいのか」とスタジオコメント。
PCR、総理、住宅に言及。

08/19 13:57 日本テレビ 【情報ライブ ミヤネ屋】
西川史子医師が、右脳内出血で手術を受けていたことが分かった。
西川は自宅で倒れていた所を発見され救急搬送、5時間に及ぶ緊急手術を受けたという。
所属事務所のFAXコメントを紹介。
富永病院脳神経外科主任・北野昌彦医師によると、右脳内出血の原因は高血圧・血管奇形・脳腫瘍など。
政治評論家・杉村太蔵は「発見されたのは西川医師の人徳」、慶應義塾大学大学院教授・岸博幸(元経済産業省)は「コロナ禍で病院に行けたのは良かった」、優木まおみは「入浴後の発症はよく聞く」とスタジオコメント。
警察、メールに言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.