テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【注目パーソン】
白鵬翔]まとめ (73件/週)

引退・・・横綱・白鵬の相撲人生は【サンデーモーニング】(再生)

10/04 13:11 フジテレビ 【バイキングMORE】
第69代横綱・白鵬が9月30日に現役を引退、年寄「間垣」の襲名が承認された。
年寄襲名の条件について。
新人の親方として理事長をはじめ先輩親方の指揮命令、指導をよく聞き本場所等与えられた業務を誠実に行うこと。
大相撲の伝統文化や相撲道の精神、協会の規則、ルール、マナー、相撲界の慣わし、しきたりを守りそこから逸脱した言動を行わないこと。
内容に意義なく承諾したという。
今年5月、「間垣」名跡継承の際に年寄資格審査委員会が問題行動について忠告。
7月の名古屋場所で張り手や優勝を決めた際のガッツポーズ。
7月の無観客開催の東京五輪を訪問する。
芝田山広報部長は「7月場所やオリンピック観戦に行ってしまったことも含め守れていなかったっということもありそこを正してもらわないといけないと思い誓約を課した」。
宮城野親方は「若い衆の見本になってもらいたい。
自分と似たような素晴らしい力士をつくってほしい」。
引退会見で白鵬は今後について「弟子たちには人に優しく自分に厳しく義理と人情を持った力士に育ってもらいたいと思う」。
相撲リポーター・横野レイコ、アンミカ、野々村真、高橋真麻、ガダルカナルタカのスタジオコメント。
年寄審査委員会、宮城野部屋、日本橋に言及。

10/04 13:02 フジテレビ 【バイキングMORE】
第69代横綱・白鵬は幕内優勝45回、現役通算1187勝、横綱通算899勝、横綱在位は84場所といずれも歴代最多。
9月30日に現役を引退、年寄「間垣」の襲名が承認された。
白鵬は引退会見で「引退は名古屋場所の10日目で決めた。
進退をかける最後の場所も膝が言うことをきかなくなった、右膝のことを思えば(引退に)迷いはなかった」。
思い出残る取り組みについて、2つあるという。
2004年の九州場所の白鵬〇-●朝青龍。
当時、平幕の白鵬が横綱・朝青龍に勝利。
歴代2番目となる19歳8か月という若さで初金星を獲得。
白鵬は「最初で最後の金星」。
2010年の九州場所の白鵬●-〇稀勢の里。
当時、平幕の稀勢の里に敗れ連勝記録が63でストップする。
双葉山の連勝記録69に届かなかった。
白鵬は「この負けがあったからここまでこられた」と語る。
白鵬のこれまでの行動について。
取組でのかち上げに物議。
審判に対し物言いし厳重注意。
表彰式で万歳三唱し、厳重注意。
三本締めではけん責処分を受ける。
白鵬は「横綱なりたてのころは自分の理想の横綱『後の先』を追い求めていた時期もあった。
最多優勝更新をしてからケガに泣き理想とする相撲ができなくなったというのは反省しているし自分自身も残念に思っている」。
相撲リポーター・横野レイコ、ガダルカナルタカのスタジオコメント。
名古屋場所(白鵬対照ノ富士)の映像。
リンパドレナージュに言及。
映像提供:時事、共同通信社。

10/04 12:57 フジテレビ 【バイキングMORE】
2015年の初場所で取り直しとなった判定に納得できず、白鵬は「もう少し緊張感をもってやってもらいたい」と審判への苦言が問題視された。
さらに2017年の九州場所での優勝インタビューの際に観客に万歳三唱を促し横綱審議委員会から品格を疑問視する声があがる。
取組ではたびたび横綱の品格が問われる。
現役最後となった名古屋場所でも白鵬vs照ノ富士で強烈なかちあげ、張り手を連発。
全勝優勝を決めると豪快なガッツポーズと雄叫びまで。
白鵬は「土俵の上では手を抜くことなく鬼になって勝ちにいくことこそが横綱相撲と考えてきた。
その一方で周りの皆さんや横審の先生方の横審相撲ってものを目指したこともあったが最終的にその期待に応えることができなかったかもしれない」。
今後は年寄名跡「間垣」襲名にあたり厳しい意見もある。
映像提供:日刊スポーツ/アフロ、共同通信社。
名古屋場所の映像。

10/04 12:55 フジテレビ 【バイキングMORE】
2場所連続優勝を果たし、第69代横綱に昇進した白鵬。
2015年には尊敬していた横綱・大鵬の歴代最多記録を抜き33回目の優勝を果たす。
2017年には通算勝利数記録を更新。
その陰で苦しんだのが膝の故障。
白鵬は「2回の手術を受けまたコロナに感染し、その中でリハビリと稽古、トレーニングを続けたなかで膝も悪化したところもあったが、そして医師からは“次また右膝を痛めた場合は人工関節になる”と、そういう報告を受けた」。
番組「バイキングMORE」が白鵬の主治医を8年間担当した杉本和隆医師を取材。
杉本は「今年3月に緊急手術を行い、本来はその段階で手術なんかしないでその段階で引退くらいのレベルだった」。
幕内優勝は史上最多の45回、通算の勝ち星は史上最多の1187勝。
映像提供:共同通信。
名古屋場所(2017年):横綱・白鵬×大関・高安の映像。

10/04 12:50 フジテレビ 【バイキングMORE】
史上最多45回の優勝を誇る大横綱・白鵬が先週金曜日、引退に伴い記者会見に臨んだ。
まず感謝の気持ちを伝えたのは、15歳でモンゴルからやって来た自分を部屋に迎え入れ約20年間育ててくれた師匠・宮城野親方。
これまでの相撲人生が頭の中を駆け巡ったのか、白鵬は会見で長い沈黙を見せた。
白鵬が横綱昇進を決めたのは初土俵から約6年後の2007年夏場所。
千秋楽では同じモンゴル出身の横綱・朝青龍との息詰まる熱戦が繰り広げられた。
横綱・白鵬、宮城野親方の会見。
共同通信社の映像。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.