テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【注目パーソン】
反田恭平]まとめ (15件/週)

11/21 23:01 フジテレビ 【Mr.サンデー】
日本人として51年ぶり、ショパン国際ピアノコンクールで入賞を果たしたピアニスト・反田恭平。
結果は2位。
今回反田がどうしてもショパンコンクールに勝ちたかったワケとは、後輩達の為だった。
今年反田はオーケストラの運営会社を設立。
海外遠征で忙しい最中でもリモートでリハーサルを見守った。
反田が仲間と共に目指すのは、学校を作る事。
反田恭平のInstagramより。
ショパン国際ピアノコンクールセミファイナリスト・角野隼斗のコメント。
元衆議院議員・金子恵美、ジャーナリスト・木村太郎のスタジオコメント。
東芝グランドコンサート2022の開催告知。
大谷翔平に言及。

11/21 22:56 フジテレビ 【Mr.サンデー】
日本人として51年ぶり、ショパン国際ピアノコンクールで入賞を果たしたピアニスト・反田恭平。
決戦の地・ポーランドに乗り込んだ反田は現地メディアから注目されることに成功。
生配信されていた動画サイトには世界からの喝采が溢れかえった。
この後、オーケストラが鳴り止まぬうちに拍手が沸き起こる衝撃のラストとなった。

11/21 22:49 フジテレビ 【Mr.サンデー】
日本人として51年ぶり、ショパン国際ピアノコンクールで入賞を果たしたピアニスト・反田恭平。
12歳の頃に衝撃を受けたのが、ショパン国際ピアノコンクールの舞台裏。
一気にクラシックに目覚めた反田は音楽漫画を読み漁り、突如プロを目指すことにした。
父親は猛反対したが、国内の数々のコンクールを総なめ。
ロシアの音楽院に首席で合格。
遂に世界最高峰となるショパン国際ピアノコンクールを射程に捉えた。
音質を変えるために行った肉体改造のきっかけは、ロシアへ留学中に行った“大男”のコンサートだった。
反田は過去のコンクールの参加者約800人が弾いたのべ4000曲を書き出し、予選で通りやすい演目を割り出していた。
総仕上げは「パンツ・神社・ユンケル」。
取材に基づく再現。
ライザップに言及。

11/21 22:48 フジテレビ 【Mr.サンデー】

11/21 22:46 フジテレビ 【Mr.サンデー】
日本人として51年ぶり、ショパン国際ピアノコンクールで入賞を果たしたピアニスト・反田恭平。
音楽好きの母の影響で4歳の頃からピアノを始めた。
しかしそれ以上に夢中になっていたのがサッカーだったが、ケガで諦めた。
取材に基づく再現。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.