テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【注目パーソン】
三浦瑠麗]まとめ (29件/週)

05/29 03:46 テレビ朝日 【朝まで生テレビ!】
ジャーナリスト・田原総一朗「自民党も野党も国会で徹底的に議論すべき」、自民党・片山さつき「我々は憲法審査会で憲法改正の議論をしてくれと言ってようやく国民投票法が参議院に」、立憲民主党・小川淳也議員「(菅首相の)答弁能力は十分とは思えない」、国際ジャーナリスト・高橋浩祐「イスラエル・ネタニヤフ首相はワクチンを確保するためファイザーのCEOに何度も会い電話を何十回もかけた」、ジャーナリスト・田原総一朗「菅首相が竹中平蔵にワクチンの問題で大失敗したと。
日本はファイザーのワクチン獲得に負けてしまった」、国際政治学者・三浦瑠麗「EUの中から外に出荷されるワクチンの最大の行き先は日本」、昭和大学医学部客員教授・二木芳人「日本の場合はベッドが多いが病院も多い。
平時は国民皆保険に応じて質の高い医療を皆さんに提供できるが、有事にそういう所を切り替えて人とか資源を集中して対応するシステムがない」とスタジオコメント。

05/29 03:33 テレビ朝日 【朝まで生テレビ!】
国際ジャーナリスト・高橋浩祐「隔離期間を長くすると日本の場合ホテルとかが足りないという」、立憲民主党・小川淳也議員「ニュージーランドなどはキャパシティに合わせて管理している」、自民党・片山さつき「ベトナムなどは軍の施設を使っている。
守らせることへの強制性がすごく強い」、ジャーナリスト・田原総一朗「去年4月安倍前首相が緊急事態宣言を行った。
ヨーロッパや米国に比べ2か月以上遅れた」、国際政治学者・三浦瑠麗「マイナンバーカードを色々なシステムと紐づけられればこの間の大規模接種会場の予約はもう少しスムーズだったが嫌だという意見は日本社会には多い」とスタジオコメント。
インド型変異株、福島第一原発、パンデミック、台湾、韓国、SARS、特措法、イスラエルに言及。

05/29 03:23 テレビ朝日 【朝まで生テレビ!】
ジャーナリスト・田原総一朗「自民党幹部から延期論が論じられたことはない。
なぜ最初から延期は不可能となっているのか」、自民党・片山さつき「菅首相は1年延期になった経緯をよくわかっている。
五輪はeスポーツではなく現実の場所を確保して多くの人が動く」、日本女子体育大学教授・溝口紀子「スポーツはする、見る、支えると3つある。
する人たちも2年経つと別の体になる。
ボランティアも1年待ってくれるか。
箱も他のイベントが入っているのにできない」、感染症対策コンサルタント・堀成美「延期したところで絶対大丈夫の保証が良く分からない」、国際政治学者・三浦瑠麗「日本に寄せられている支持については全然関心がない。
EUも米国もすごく気を使ってくれている。
ファイザーのワクチンをなぜ日本が大量に確保できたのか。
自分が見えてる世界については得意だが相手からどう見えているかというのを察するのは苦手なのでは」、スポーツコンサルタント・春日良一「コロナの中でもできるオリンピックを見せることで、コロナ禍で私たちが自分の体を作っていくということも出てくる」、立憲民主党・小川淳也議員「この1年とにかく入国管理がずさんだった。
入国管理の枠を広げたのは菅首相とIOC・バッハ会長が去年11月に会って以降」とスタジオコメント。
マクロン、猪瀬直樹、インド、ネパールに言及。

05/29 02:50 テレビ朝日 【朝まで生テレビ!】
日本体育大学教授・溝口紀子は「中止というなら選手や関係者に対する措置の議論も必要」、国際政治学者・三浦瑠麗は「菅首相はワクチンに関して自信を持った話し方をしていた」とコメント。
小池百合子、安倍前首相、尾身会長、靖国参拝、韓国、中国、米国、東京裁判に言及。

05/29 02:23 テレビ朝日 【朝まで生テレビ!】
国際政治学者・三浦瑠麗は「国際協力が低下している時ほど人類が最低限共有しているものを開催するのが五輪」とコメント。
スポーツコンサルタント・春日良一のコメント。
WHO、ニューイングランドジャーナルオブメディスン、シンガポール、台湾、プレーブック、IOC、シャングリラ会合、ウイグル、中国、ワクチン、韓国、ギリシャ、キリスト教、厚労省、ファイザー、ブルームバーグ、EU、ベルギー、菅首相に言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.