テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【注目パーソン】
北村匠海]まとめ (33件/週)

“マイキー”吉沢亮、名シーンの思わぬ“バズり方”に真剣にお怒り? 眞栄田郷敦の衣装に間宮祥太朗も感心 映画『東京リベンジャーズ』公開記念舞台挨拶(再生)

今田美桜、名せりふで北村匠海を「幸せでした」と言わせにっこり 鈴木伸之&磯村勇斗は某ヤンキー作品の影響で違和感? 映画『東京リベンジャーズ』公開記念舞台挨拶(再生)

吉沢亮&山田裕貴、2人が可愛いじゃれ合いで大爆笑 マイキー&ドラケンのエモいシーン語る映画『東京リベンジャーズ』公開記念舞台挨拶(再生)

07/11 03:06 テレビ東京 【一夜づけ】
「さくら」、ブルーレイ&DVDボックス発売中。
出演:北村匠海、小松菜奈、吉沢亮。
主題歌♪青のID/東京事変。

07/10 11:21 TBSテレビ 【王様のブランチ】
10位「これでおしまい」(篠田桃紅/講談社)、9位「ハニオ日記1 2016-2017」(石田ゆり子/扶桑社)、8位「20代で得た知見」(F/KADOKAWA)、7位「仮面」(伊岡瞬/KADOKAWA)、6位「小坂菜緒(日向坂46)1st写真集 君は誰?」(集英社)、5位「闇の盾 政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男」(寺尾文孝/講談社)、4位「他者の靴を履く アナーキックエンパシーのすすめ」(ブレイディみかこ/文藝春秋)、3位「美女の魔界退治」(林真理子/マガジンハウス)、2位「古くて素敵なクラシックレコードたち」(村上春樹/文藝春秋)、1位「夜行秘密」(カツセマサヒコ/双葉社)川谷絵音率いるバンド「indigo la End」とのコラボ小説。
「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」(新潮文庫)、「明け方の若者たち」(幻冬舎)の映像。
英国、北村匠海、コロナに言及。
「文芸書ランキング」ブックファーストアトレ吉祥寺店。

07/10 01:45 フジテレビ 【ナイト・ドクター #03】
美月(波瑠)が患者の斎藤(赤ペン瀧川)に襲われた。
桜庭(北村匠海)は斎藤を突き飛ばすが、刃物で傷つけられる。
幸い桜庭は軽症で、斎藤は成瀬(田中圭)、深澤(岸優太)に取り押さえられた。
事件は『あさひ海浜病院』などを束ねる『柏桜会』会長で、桜庭の母親、麗子(真矢ミキ)も知ることに。
救命救急センターに現れた麗子は、息子の身を案じて桜庭に英国留学を言い渡す。
救急医の初歩的な処置も満足に出来ないのではその方が良いと合意する本郷(沢村一樹)に桜庭はショックを隠せない。
美月にそれでも良いのかと促された桜庭は本郷に継続を頼むが、足手まといになるような者は必要ないと突き放される。
さらに、主治医、宮本(東根作寿英)の診察を受けた桜庭は、1週間ほど休みが取れないかと問われる。
今休んだら救命から追い出されると桜庭は意気消沈。
そんな桜庭に美月は暴漢から救ってくれたことを感謝して救急医療の参考書を渡す。
そんな時、急患が運び込まれ、美月たちの処置もむなしく亡くなってしまった。
無保険なので早期治療を受けられなかったのだろうと推測する成瀬。
本郷も、医療だけでは救えない命もあると言う。
桜庭は患者の生まれながらの恵まれない境遇を思った。
そして、桜庭は美月たちになぜ自分が救急医を目指すことにしたのかを話す。
次の日、救命センターに出勤した桜庭は、次週の勤務シフト表から自分の名前が消えていることに気づく。
出演者・波瑠、田中圭、岸優太、岡崎紗絵、北村匠海、一ノ瀬颯、野呂佳代、櫻井海音、梶原善、真矢ミキ、小野武彦、沢村一樹

07/10 01:35 フジテレビ 【『東京リベンジャーズ』最強俳優陣全員集合SP!!】
映画「東京リベンジャーズ」告知。
見どころを紹介。
キャストが「この中で守ってあげたくなる可愛い人は?」についてトーク。
出演・北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮 

07/09 18:55 フジテレビ 【イット!】
主演の北村匠海演じる“ヘタレ男子”武道(タケミチ)が、“仲間との絆”“大切な人との未来”“譲れないモノ”を守るため過去へタイムリープする映画「東京リベンジャーズ」(本日より公開、配給:ワーナー映画、原作:和久井健/講談社)がきょう公開。
北村匠海(23歳)をはじめ、吉沢亮(27歳)、山田裕貴(30歳)ら注目の若手俳優がズラリと出演している。
原作の漫画が大好きだったという北村匠海は「『今一番おもしれーなこれ』と思った漫画で、『もし実写化あったらタケミチしかないな』と思っていた中、話がきたんですよ。
『マイキーも(吉沢)亮くん以外ないな』と思ってたし、運命的な」と語った。
吉沢亮と山田裕貴のビジュアルの再現度について、北村匠海は「3人がメイク終わったあと鏡を見てて、もうソレにしか見えなかったんすよ。
マイキーとドラケンだなと。
原作ファンとしても『すげーな』って」と語った。
吉沢亮は「(北村)匠海しかいないですよね。
やっぱりタケミチやれるのは」、山田裕貴は「ちょっと(ほかに)浮かばないです。
(北村匠海しか)考えられないですよね」と語った。
原作ファンで運命的な出会いという北村匠海だが、中学生の時に“リアル東京リベンジャーズ”を体験したこともあるそうで、北村匠海は「劇中でマイキー(吉沢亮)がタケミッチ(北村匠海)と名付けたのと同じことが僕、中1の時あって、同学年でムチャクチャ喧嘩の強い“よっぴぃ”っていう人がいて、俺のクラスを見に来て、『お前、芸能活動やってんだろう?』『はい、ちょっとやってます』『お前、きょうから“キタチャン”な!』って言われて、次の日から全校生徒みんな“キタチャン”呼びみたいな」と語った。
今回の映画への思いについて、北村匠海は「何度も撮影が、このコロナという今の現状の中で中断しながら、そして公開も一度延期になるという、何度も何度もリベンジして今がある作品です。
僕らが同世代(の俳優)で集まって、胸を張って『最高の映画です』って言えるモノを作れたこともスゴく誇りに思っております」と明かした。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.