テレビえんすぽ
テレビ放送全番組をリアルタイムで抄録
【注目パーソン】
尾崎治夫]まとめ (34件/週)

07/14 21:50 BSフジ 【プライムニュース】
視聴者からの質問、メッセージ。
『この程度のコロナ陽性者、死者数でオリンピックが無観客になったということは医療体制の対応能力がないことの証明ではないか』。
東京都医師会会長・尾崎治夫「そうは思っていない、去年の4月に118床から始まった感染症病棟が今6000床まで増えて色々な態勢を取っている。
この程度ということはない」。
『ワクチンパスポートの国内実施は問題ないと思う。
社会公共性を考えた時、打たない人・打てない人の多少の不利益はやむを得ない』。
立憲民主党コロナ対策本部長・逢坂誠二「ワクチンは期待される効果の高いものだが万能ではないが、ワクチンパスポートのようなものは海外との行き来において採用するのはほとんど問題がないだろうと思っている。
国内での導入は差別につながることになると良くない。
ある程度の人を切り捨てても良いというのはいかがなものかと思う」。

07/14 21:42 BSフジ 【プライムニュース】
立憲民主党コロナ対策本部長・逢坂誠二「現場に出る」。
ワクチン、VRS、水際対策について言及。
東京都医師会会長・尾崎治夫「覚悟を感じる具体策の提示」。
オリンピックについて言及。

07/14 21:27 BSフジ 【プライムニュース】
オリンピックに向け医療体制を強化するならどんなところを挙げるか。
東京都医師会会長・尾崎治夫「水際対策とバブルの中が穴だらけなので見直してもらいたい。
ルールブックに則ってやっていない、できないということがたくさん出てくるので無観客にした分スタッフにマンパワーを回せると思うので、強化してやらないとオリンピックそのものが運営が難しくなるのではないか。
都民の間で感染者が広がっていって入院が逼迫している状態になっていると、オリンピック関係の人が出た時に十分対応できるかの危惧は持っている」。
空港について言及。
立憲民主党コロナ対策本部長・逢坂誠二「都民の医療を圧迫しかねない状況、水際対策をしっかりしなければいけない、バブルに穴があるなら塞がなくてはいけない。
それがうまくいかないなら延期か中止しかない。
水際対策でいうと未だに濃厚接触者の割り出しはホストタウンの保健所にやらせている」。
コンビニ、選手村、羽田空港国際線、検疫、入国審査、富山、税関について言及。
東京都医師会会長・尾崎治夫「一般客と動線を分けてやると書いてある、しかし実際に点検してみると穴だらけ。
少なくとも全部を統率する責任者がいないということが大分おかしいこと、今からでもやる気になれば出来ると思う」。

07/14 21:12 BSフジ 【プライムニュース】
東京都新規感染者数グラフ。
今日は1149人。
立憲民主党コロナ対策本部長・逢坂誠二「専門家もある程度予測していたこと。
緊急事態宣言は回を重ねるごとに緊急でなくなって緩んできている、それに代わる対策をどうするか。
安定的に支援できる政策を用意することが大事」。
酒類提供、経済支援、ドイツ、減収補償について言及。
酒類の提供停止について。
国は酒類販売事業者への取引停止要請を撤回。
西村経済再生相のコメント紹介(今日・衆院内閣委員会)。
立憲民主党コロナ対策本部長・逢坂誠二「本来であれば、政府が何らかの対策を講ずるべきところを、無策を棚に上げて自分たちが出来ないものを権力で力のある者になにかさせようというのは筋が悪い。
去年の今頃は政府与野党連絡協議会を頻繁にやっていた。
そういうものを開いて冷静に対策を議論することが大事」。
田村厚労相について言及。
東京都医師会会長・尾崎治夫「野党の代表者の発言は国民にメッセージとしてなかなか伝わりにくい」。
与党批判について言及。
立憲民主党コロナ対策本部長・逢坂誠二「メディアは威勢よく批判している画を取りたがる、我々が法案を出してもほとんどマスコミに取り上げられない、与党も議論しようとしない」。

07/14 20:56 BSフジ 【プライムニュース】
東京都医師会会長・尾崎治夫「ワクチンキャンペーンのような形で、是非打っていただきたいということと、厚労省などが出しているものもあるし、しっかりしたものを見て頂いて、若い方にどんどん打っていただきたい。
個人のため、家族のため、社会のためなのでどんどん打って頂くというキャンペーンを医師会としてやっていく」。
全国知事会「緊急事態宣言の再発出などを受けた緊急提言」(11日)ポイント:ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社のワクチンを工夫を凝らして総動員する→いわゆる「混合接種」、接種間隔を延長する措置、接種対象を12歳以上へ拡大。
厚労相・田村憲久「米国ではCDCなどの話を聞いていると、今のところは2回打つということで良いと、その後どうするかはこれから検討していく課題であるということ。
一日120万回ベースで供給していく、足りないということはないが問題は先がわからないということで予約を取る時に2回分手元にないとというところが自治体にはある」。
河野大臣について言及。
最低賃金引き上げについて。
現在の全国平均902円→930円。
厚労相・田村憲久「今般の骨太の方針でもできるだけ早く1000円にしていくということで、菅首相も強い思いを持っている」。
経済産業省、中小企業について言及。

JCCサイトへはwww.jcc.co.jp

ご意見・ご要望 | テレビえんすぽの利用方法

※動画・・・各社・各局の公式YouTubeチャンネルより

Copyright (C) 2013 JCC Corp. All Rights Reserved.